2007年11月22日

サッカーいろいろ

書かない間にいろんなことがありましたなぁ。
浦和は次の鹿島戦で引き分け以上なら優勝が決まりますが、三連休全部に仕事をぶち込まれた私は、ライブで見ることが出来ないぞっと・・・。

U22は良くやったね。細貝が浦和で埋もれているように見せかけて、しっかり成長していて嬉しいものです。MOMは柏木になってたようだけど、守備を考慮に入れてくれれば、細貝か水本になってたでしょう。


あとオシムが倒れてしまった・・・後任探しが難しすぎる・・・。
そのまま誰かにオシムのサッカーを継がせるのは無理があるでしょう。息子のアマルでさえ実現できてないのに、他の関係者に出来るはずも無く・・・。

予選前にまったく違う人を連れてくるのか、それとも五輪後に反町あたりを引っ張りだしてきて継がせるか・・・。

うーんせっかく形になってきて選手もある程度決まってきたのに、最初からやり直すのはキツイよなぁ・・・またジーコみたいなの連れてこられてもかなわんし、メンバー総代え海外組偏重とかマジでもう勘弁して欲しいし。

とりあえず川渕、犬飼あたりの高給取りの給料カットしてモウリーニョでも呼ぶか?w
posted by オヤジ at 19:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月28日

<ZARD>坂井泉水さん死去 病院のスロープから転落

パンクもハードコアももういいや

そう思い始めた青春末期。当時好きだった女がZARDのファンだった。その子に合わせて結構聴いた。

フラれたけどな。

曲や詩が竹内まりやにちょっと似た感じ・・・綺麗な人だ・・・けど声はちょっと細いか・・・ベタな曲調は好きだ・・・、始めはこんな印象だったけど、すぐに自分で購入して聴こうとは思わなくなってしまった。


けどそのあともテレビや街で流れる彼女の声には耳を傾けてしまう。ケバ女最盛期の90年代の中で、化粧っ気のない地味な彼女の姿は逆に異彩を放っていたよね。

ご冥福をお祈りします。



・・・それにしてもこの虚無感はなんだ・・・。hideや尾崎豊が死んだときとは違うんだよね。もちろんカートやフレディの時とも違う。


そういうのを自分なりに考えてみると、時の流行歌手の死ってのはいわゆる「アーティスト」が居なくなったのとはまた違う感覚を与えるものなのだと思う。

時代を変えたり、時代を作ったりする人ではなく、時代の流れに自然に乗っている感じ。例えるなら駅前の大型デパートが無くなったのではなく、通勤通学で通る場所にある文房具店が無くなったような感じ。


当たり前のように街中で流れていた音楽だからこそ、居なくなったときに今の自分の年齢やら、洟垂れの青春時代を思い出してノスタルジックになってしまう・・・。30〜40歳くらいの人で同じ感覚を持った人も多いのではないかな。

「俺の青春は終わった・・・」って。

もうとっくに終わってるのになw

・・・・いや笑えん


ZARD-Good-bye My Loneliness


この曲は良い曲だよね。
posted by オヤジ at 22:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月09日

盛岡商、逆転で全国初制覇



一日遅れですが盛岡商おめでとう!PK外した子が得点したのは、彼の将来を考えると喜ばしい事かな。あれで外したまま負けてたら・・・。まあ何はともあれおめでとう。

選手権の全体的を見れば、今回は昨年の野洲のような存在が居なくて、レベルも下がったところはある(年々下がってる印象)。まあこれはクラブユースの発展があり、そこへ人材が流れているので仕方が無いことだ。

けど高校サッカーの良いところってのは、やっぱりこういう大会に出て戦えることかな。ユースも大会はあるけど、もともとユース選手の目標は、「トップ昇格」という面があるので、大会にかける意気込みや気迫は、高校サッカーには到底かなわないところがある。どうしてもユースだと「チーム」より「自分」になるだろうから。

それこそ体がぶっ壊れてしまうくらい、走ってぶつかり合い、アドレナリンを全身から吹き出すほどの試合って、十代ではそうそう経験できるものではないだろう。

選手になっても、これから生きていくうえでも凄く役に立つと思う。サッカーのレベルだけでは語れないものが高校サッカーにはある。



(*´д`*)

(*´д`*)
posted by オヤジ at 19:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月03日

高校サッカー

武南負けちゃったね。結構いいサッカーして見てても面白かったんだけど、何となくつまらん失点でそのままPKまでいっちゃった感じ。

野洲も負けたけど、負けると思ってたので、それ自体には驚きはなかった。4失点するとは思わなかったけど、臨機応変にあらゆる事態に対応する能力のないチームはいずれ負ける。昨年と違って今年は最も研究されてるチームなのだから、それを考えずに王様サッカーやってりゃ負けるよ。

山本監督は「(最後は)ボールの動かし方など、野洲らしさは出せた。大敗したが、方向性は間違っていない」と、プライドをのぞかせた。

このコメントを見る限りではやっぱり素人監督というところが出たのだろう。パスで崩せないなら、放り込んでみたり、ミドル打ってみたり、ドリブルやサイドを使った個人での打開などいろいろやる事はある。

それが出難い状況にチームがなっているのだとしたら、それが放り込みだけのサッカーだろうが、華麗にパスを回すだけのサッカーだろうが、結局は選手たちが教えられたことしか試合で出せてないのであって、方向性は違っても実は同じ失敗をしているに過ぎない。それは勝負ことだけではなく、育成に関しても同じだと思う。

要は選手を一つの方向に洗脳するのではなく、自己で判断し、実行できる能力を育てて欲しいということ。
posted by オヤジ at 22:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月30日

今年もいろいろ来年もいろいろ

今年は浦和レッズの天皇杯優勝にはじまり、初のリーグ制覇や、J以外だと、W杯があったり、そこでの日本代表の惨敗があったりと、個人的には良くも悪くもいろいろあった1年。

来年はACLがあるので選手にとってもサポーターにとっても、新たなる挑戦といったところです。

代表だと7月にアジアカップがある。ここではベスト4がノルマと言っておきましょう。

優勝をノルマにしたい人が、メディアやファンにも一部いるようですが、そんな高ノルマじゃ誰も監督なんてやってくれませんよ。

ただ優勝よりも「選手に経験」と言ってるオシムや協会は、ちょっと逃げ気味な態度だね。日程的に海外組は無理だったとしても、変に「若手」にこだわる必要なんて無く、普通にガチでいけばいいのさ。それで力が計れるなら、ベスト4でも十分です。ただそれ以下だとプライドの問題になるので、簡単に許す分けには行かないけどね。


高校サッカーは今日から開幕。若い有望な選手を探すのもよし、地元を応援するもよし、選手の涙に感動するもよし。プロとは違う楽しみですな。

とりあえず応援マネージャーw

(*´д`*)
posted by オヤジ at 22:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月12日

家本主審に研修1カ月=Jリーグ

やっとかよ!といった感じ。ついでにクビにしてくれて結構です。

今晩からCLのグループリーグが始まるね。個人的には自爆テロ的攻撃のブレーメンに期待。バルサとチェルシー相手にも、ブンデスと同じサッカーやって玉砕して欲しい。

あとは中村のセルティックと稲本のガラタサライ。セルティックGL突破の可能性はあるが、ガラタサライは厳しいかなぁ。その前に試合に出れるのかが問題か。

オシムも見るだろうから、結果、内容次第では、もしかしたら呼ばれるかもね。
posted by オヤジ at 21:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月05日

G大阪が大敗 0-6

あえて言う。

恥さらし


J代表という気概もなければ、最後まで必死に戦う気もなかった。実力的に6点差をつけられて負ける事なんて、普通ならあり得ない。

こんな状態で平気で戦う選手など代表にもいらん。遠藤も代表には必須と思ってたがしばらく干せ。

出来る事ならG大阪サポが同じ気持ちを抱いていると信じたい。
posted by オヤジ at 20:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月16日

クリンスマン監督「正しい23名を選んだと確信している」=W杯

GK:
1、レーマン(アーセナル/イングランド)
12、カーン(バイエルン・ミュンヘン)
23、ヒルデブラント(シュツットガルト)

DF:
21、メッツェルダー(ドルトムント)
16、ラーム(バイエルン・ミュンヘン)
2、ヤンセン(ボルシア・メンヘングラッドバッハ)
4、フート(チェルシー/イングランド)
17、メルテザッカー(ハノーバー96)
3、アルネ・フリードリッヒ(ヘルタ・ベルリン)
6、ノボトニー(レバークーゼン)

MF:
13、バラック(バイエルン・ミュンヘン)
7、シュバインシュタイガー(バイエルン・ミュンヘン)
8、フリンクス(ブレーメン)
18、ボロブスキー(ブレーメン)
5、ケール(ドルトムント)
15、ヒッツルスペルガー(シュツットガルト)
19、シュナイダー(レバークーゼン)

FW:
11、クローゼ(ブレーメン)
22、オドンコー(ドルトムント)
20、ポドルスキー(1FC、ケルン)
10、ノイビル(ボルシア・メンヘングラッドバッハ)
9、ハーンケ(ボルフスブルク)
14、アザモア(シャルケ04)

補欠選手:
エンケ(ハノーバー96)
オボモイェラ(ブレーメン)
マヌエル・フリードリッヒ(マインツ)
エルンスト(シャルケ)
フライアー(レバークーゼン)
クラニー(シャルケ)


他の強豪国はどちらかというと順当といえるものだったけど、ドイツは少々難しい人選だったようだ。

オボモイェラは将来のこと考えても選んで欲しいところではあったが、ブレーメンと代表とでポジションが違うところなんかが問題だったのかな。まあ波のある選手だし信用されるところまでは無理だったか。クラニーは微妙だなぁ〜。能力的にも落選理由も。けどノイビルが見れるのでいいかw

何にしても頼りない面子であることは疑いようがない・・・。クローゼは日韓以降に伸び悩み真っ只中だったけど、今シーズンは一皮向けた印象があるので期待。ポドルスキは当然期待。


サッカーW杯日本代表、皇居に−両陛下「力発揮を」



中田さん・・・・まさかこの格好のまま陛下にあったのかw
posted by オヤジ at 23:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。