2007年12月20日

2007Jリーグアウォーズ

●最優秀選手賞:
ポンテ選手(浦和)

●ベストイレブン:
都築龍太選手(浦和)
岩政大樹選手(鹿島)
田中マルクス闘莉王選手(浦和)
山口智選手(G大阪)
阿部勇樹選手(浦和)
鈴木啓太選手(浦和)
ポンテ選手(浦和)
中村憲剛選手(川崎F)
遠藤保仁選手(G大阪)
ジュニーニョ選手(川崎F)
バレー選手(G大阪)

●得点王:
ジュニーニョ選手(川崎F)

●最優秀監督賞:
オズワルド・オリヴェイラ監督(鹿島)

●新人王:
菅野孝憲選手(横浜FC)

●特別賞:
浦和レッズ


こんな感じになったようです。2007Jリーグアウォーズとはいうものの毎回代表やナビスコ、その他国際試合も考慮に入れるのは毎度のことである。故に浦和の選手が多く、鹿島の選手が少ないという結果がでたわけです。

ただそれだけじゃなく鹿島の場合は個人というよりチームとしての評価の方が高いと思うし、逆に浦和は個人の評価のほうが高く、チームの評価は低いといえると思うので、当然最優秀監督はオジェックではなくオリヴェイラになるwまあ小笠原がフルシーズンでてれば確実に選ばれてただろうけど。


話はちょっと戻るけど、世界三位っていうのそろそろやめてくれないかな・・・
posted by オヤジ at 20:35| Comment(0) | TrackBack(0) | Jリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月22日

ACL 川崎-バンコク

この試合の雑記も少し。

川崎はバンコクを完全にナメてたね。実力差があれほどありながら、激しく当たりに行かないし、サボってる選手も数名。スタメンもナメてたし、何よりあんなヘボイ攻撃をする川崎を見たことが無い。

失点してからもしばらくは同じで、危機を感じて本気でいきだしたのも後半からという有様。その間にバンコクは川崎の動きに慣れて、フィジカルの差もうまく誤魔化していた。

この試合を見て改めて思うのは、今までレベルが違いすぎて二桁得点すら可能と思われていた国でも、組織的な守備をすることで、その差をカバーしてきているということ。

代表でもそうだけど、もうただ人数かけて守るだけの国なんてそうないだろう。守備ブロックのつくり方、まとめ方、スペースの消し方、体の当て方、マークのつけ方など、一昔では考えられないほど組織立って正確。しかも個人レベルも上がってきている。

もう選手を休ませるなんて発想で手抜きしたら負けかねない。サッカーがマインドゲームという要素を多く含んでいる以上、気持ちで負けてちゃ勝てるものも勝てない。

川崎の試合を反面教師にして浦和の選手も学習して欲しい。
posted by オヤジ at 23:03| Comment(0) | TrackBack(0) | Jリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月22日

FC東京-G大阪 3-2

なんと言う試合だろう・・・。04-05CL決勝のミラン-リバプールを思い出すかのような怒涛の展開。

当然ながら順位の関係でFC東京を応援してたけど、前半の一方的な点差を見てどうでもよくなって、後半はガマンしながら見てたらこんな展開ですよ!最後の方は勝敗なんて関係なく、単純にファンタスティックな試合展開を楽しんでいた自分がいます。

試合内容は書かないけど、今日は西野監督の悪いクセがでた結果といえる。播戸を下げて、攻撃の核の一人を減らす愚行はその象徴でしょう。カウンターがまったく出来なくなり、一方的に攻められ続けての失点の連続。ちょっと試合を読みきれてなかったね。

逆にFC東京は、平山下げたら、まわりの選手が動く動くw
時間帯もあるだろうが、平山を意識しなくなって他の選手の動きが開放されたといのは間違いないだろう。


そして改めて思ったことといえば、G大阪は「守りきるチーム」ではなく「攻めきるチーム」だなということ。浦和は逆に「守りきれるチーム」ではあるが「攻めきれるチーム」ではないということ。

次節はアウェー磐田戦。「守りきれるチーム」である浦和ではあるが、その要の闘莉王が出場停止。守りきるのは難しいだろう。攻めきる度胸も必要だ。


本スレのスレタイに大爆笑w

◆ずっとFCが好きでした レッズ本スレ1772◆
posted by オヤジ at 17:36| Comment(0) | TrackBack(0) | Jリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月27日

C大阪大久保が誤審で一発退場/J1

この記事をどう読んだらいいのだろうか。

故意かどうかは分からないが、肘を上に振り上げていたのだから、そうとられる要因はあるにはある。それでもあのプレーでレッドカードは厳しすぎるだろう。

だがあれよりも酷いジャッジで退場やらカードやら出された事など、他のチーム、他の選手もたくさん受けている。

しかし試合後に審判サイドが誤審を認める事など無かった。以前の闘莉王や長谷部なんて完全に目を付けられ、ペナの中で何度倒されようがPKを取ってくれず、逆に余りにも理不尽なジャッジに対して主審に異議をたてれば即イエロー出される状態だった。

闘莉王、長谷部も大久保同様に目を付けられていたときもあったが、それでも自省することで、イメージを変えていった。

もちろん審判が闘莉王、長谷部に対する誤審、行き過ぎたジャッジを認める事などなかった。

だが大久保の場合はあっさり誤審を認めた。この違いは大久保を代表へ呼ぼうとする人たちが、大久保を嫌う審判たちに牽制をかけたといったところかもしれない。
posted by オヤジ at 12:50| Comment(0) | TrackBack(0) | Jリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月25日

岡ちゃん辞任…岡田色一掃で再出発



内情はどうなのか分からないけど、あれほど強かった横浜が突如として弱くなったのは、本当になぞの部分が多い。

選手層を見ると、G大阪や浦和と同じレベルにあり、尚且つ代表歴のある選手も多く抱え、年齢的にも熟成した選手が多いという、まさに強豪と呼ばれるに相応しい陣容。当然今年のサッカー雑誌各紙では、G大阪、浦和と共に優勝候補だった。

なのにどうしてここまで勝てなくなったのだろう。それは横浜サポでない自分にハッキリしたことは分からないが、就任してすぐに完全優勝し、次の年も優勝という成績は、歴代Jリーグの監督としてみても素晴らしい監督であった事に代わりはないだろう。


けどやっぱりフロントの力が、チームの成績に影響することはサッカーの世界では当たり前のようによくあることだから、横浜が抱えてる問題も、そういった面が多いのかもしれない。

バルサが強くなったのも、Rマドリーが弱くなったのも、フロントの影響は大きいといわれている。

もちろん浦和が強くなったのもフロントの影響は大きい。意識改革と、若手選手の発掘をしたオフトを見切ったときは批判したけど、今思えばオフトでは限界があったのは確かだったと思う。
posted by オヤジ at 21:19| Comment(0) | TrackBack(0) | Jリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。