2008年04月28日

京都-浦和 0-4

前半はいつものグダグダだったけど、京都の田原がローリングソバットからニールキックという流れるような報復攻撃で退場になった後は、動揺した京都をフルボッコ。

なんといっても高原の2ゴールは本人にとっても浦和にとっても喜ばしい。これをきっかけに上り調子に量産してくれればいいが・・・。

闘莉王のゴールは説明不要のゴールかな。今現在、動きも含め彼とヘディング勝負をまともにして勝てる日本人はいないでしょう。動きなんてFWだもんなぁ。

ただそれもこれも退場者がでて1人少ない京都が相手だったからというのも大きいわけです。前半のようなサッカーやってたら今後も厳しいでしょう。



ついでに長谷部のゴール!


posted by オヤジ at 19:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 浦和レッズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月17日

鹿島サポの件

この種のサポ事件を見て思うのは「人のふり見て我がふりなおせ」ということ。浦和サポーターもここまで酷くないが結構やってるわけで。

Jの応援は海外のマネだけじゃなく、オリジナリティのある応援をやってるんだからこんなアホっぽいところまでオリジナリティを表現しないでいい。


代表の発表もありました。
腰痛の永井を呼ぶとは勇気あるね岡ちゃん。高原は代表どころではないだろ。
posted by オヤジ at 20:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 浦和レッズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月14日

浦和-鹿島 2-0

内容はともかく勝ってくれました。

やっぱり鹿島は強いといったところ。小笠原が守備に目覚めてから中盤の守備が安定してるし、そこからのポジションチェンジによる組み立てや速攻も素晴らしい。ポジショニングも全体的にいいからこぼれ玉を拾うし最終ラインも硬い。

ただこの日は運がなかった。シュートは浦和守備陣に寸でのところで止められたり、闘莉王のハンドは故意とは判断されずPKを逃したりと、一方的に攻める時間が多かったにもかかわらずゴールが生まれなかった。

浦和は立ち上がりは慎重にやり、バランスにも非常に気を配ってたし、なにより魔の時間帯の失点を避けることに集中していたようである。
その代わり攻めは単調でFWに当てるだけのサッカーになってしまったが。

高原だけがボロクソに言われてるようだが、あんなサッカーやってたらFWはゴールどころかキープすらそうそうできません(あんなサッカーでFWに得点させたけりゃドログバとは言わずワシントン呼べ)。当然エジミウソンも全然キープ出来ず、闘莉王、高原、エジの3人が前線で大きな蓋になってしまった。


そこで後半に永井の登場!前線で駆けずり回り、前半の3人の動きに慣れてしまった鹿島守備陣を崩し始める。

少し引き気味になった鹿島から高い位置でボールを奪い、啓太のサイドチェンジから闘莉王が折り返し永井のゴール。このときの闘莉王の動きはFWかと思ってしまうw

このゴールでエンジン全開になった鹿島に攻められ続け非常にヤバイ展開になったが、都築をはじめとする守備陣が踏ん張り、永井のボール奪取からの追加点に繋がる。

前半のグダグダ、先制してからのグダグダは相手が鹿島ということを鑑みても不安要素ではあるが、形自体は出来てきたし、やって良いことと悪いことも見えてきた。

とりあえずエジミウソンと高原は合わない。2人が前線に並ぶと中盤が機能しなくなる・・・。

高原はフランクフルトのころのようにもっともっとサイドに開いたり、運動量も増やしていかないと、永井の腰が治ったらベンチ決定になるぞ。
posted by オヤジ at 19:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 浦和レッズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月05日

磐田-浦和 1-2

2戦連続の逆転勝ち。失点場面が軽率なプレーによるものなので修正しないといけないが、そのあとの攻撃は2試合とも良かったと思う。闘莉王のボランチも良くなってきたし、若手の細貝と堤も非常にいい。

ただ闘莉王のボランチは周りのフォローが無いとイマイチ機能しないところがあるので高原や梅崎といった新加入選手はあまりやり易そうじゃないよね。逆に永井と山田はフォローがしっかりしてるので機能しやすい。

そういうことを考えたとしても高原はまだまだダメだねぇ。動いてはいるが効果的ではないし、マークが厳しいのに周りと合ってないから孤立してしまうことが多い。エジミウソンはパワーで何とか踏ん張る場面もあるが・・・。

永井のようにサイドに開く動きやおおとりになる動きをもっと積極的にやっていかないと今後は更に厳しくなると思う。


次は首位爆走中の鹿島が相手だけど、今の鹿島の出来を考えると今のような立ち上がりが悪い状態では前半のうちに勝負が決まってしまう恐れがある。

ホームとはいえ立ち上がりは慎重に行きましょう。
posted by オヤジ at 20:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 浦和レッズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月31日

浦和-新潟 3-0

やっと勝った!しかも快勝!

ただあえてケチをつけさせてもらえば、対戦相手の新潟が浦和以上に深刻な問題を抱えたチームであったということ。これは昨日の勝利に大きな影響をもたらしたのはいうまでもない。

中盤のせめぎ合いでは互角か、浦和のほうが啓太離脱もあって劣っていたところもあったくらいである。特に闘莉王がボランチに入ってから啓太に変わって入った細貝に負担が集中し、守備にまったくダイナミズムがなくなり、チェックも甘くなり、押される場面が目立ってくる。

闘莉王のボランチ起用は攻撃面ではプラスの面もあったが、やはり本職ではないのでバランスを欠いてしまった感があるね。それでもゴールを決めてくれたので結果オーライみたいな気持ちもちょっとあるがw


ただ新潟の攻撃陣のヘタレっぷりに助けられたことも忘れちゃだめだよね。失礼な言い方をしてしまったが、中盤は悪くないのに前線での迫力がまったくない(エジが浦和に来たからというのが大きいと思うが・・・)。矢野は相変わらず体が強く、素晴らしい選手なんだけど孤立しっぱなしでそこからまったく繋がらないので浦和守備陣はやりやすかったと思う。

浦和の攻撃は相馬の素晴らしいコントロールシュートと、エジ→闘莉王の崩しからのゴール、そして永井のゴールと、形は個人技+崩しで申し分なかった。


中盤はもう少し修正が必要だが、ゴール前でのダイナミズムは格段に良くなってきた。ここに高原、達也が帰ってきたらどうなるか見ものだし、ナビスコで良かった梅崎をこれからどう使うかなど不安は当然あるが期待も大きくなってきた。

個に頼らない攻撃の形を実現するには、中盤の守備も含めた構成力が重要なのは言うまでもないので、今以上にどんどん連携を高めていって欲しい。
posted by オヤジ at 19:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 浦和レッズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月22日

変革のきっかけに

神戸に負け今年の公式戦3連敗ですが、もうここまできたら変にネガティブになっても仕方がないので、今年はもうサッカーの質を換えるシーズンとして考えてもいいと思っている。

もちろん優勝も狙って欲しいし、ACL、ナビスコ、天皇杯、すべて狙って欲しいが現実を考えると難しくなっている。昨年の鹿島のようにスタートでつまずいても、終盤でトップチームが勝手につぶれて気がついたら優勝してたみたいなこともあるかもしれないが、他力を望んだところで虚しいだけだからね。


そんで神戸戦での若手なんかを見ると、このどん底から救ってくれる存在になるものと期待できる選手が多く居たわけです。梅崎は本当にいい買い物だったと思うし、細貝はスタメンで出てもおかしくない選手に育ってきた。エスクデロも復活したようだし、高崎も期待できる。

グダグダが染み付いてしまってる主力やコンディションが悪いままの新加入選手に渇を入れる、プレッシャーをかける意味でも彼らには今のうちに暴れまわって世代交代を迫って欲しい。

世代交代や大きな変化をしなければいけないとき、チームの力は当然落ちる。勝ち星からも遠ざかる。そのくらいの状況にならなければチームというものは変わらないもの。

問題はその低迷にサポーターが絶えられるかどうかである。
posted by オヤジ at 07:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 浦和レッズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月15日

浦和-名古屋 0-2

2試合終わりましたが勝ち星なし。オフの間に昔のようなネタクラブに戻ってしまったようです。

2失点ともお粗末極まりないね。2失点目なんて罰金もんだよ。リードされてて一番落ち着かなきゃいけないGKがテンパって馬鹿みたいなミスとか、曲がりなりにも優勝目指すチームの選手としてありえん失態。楢崎の落ち着きぶりとファインセーブ連発を見て都築とのキャリアの違いを思い知った感じ。

そんで攻撃だけど中盤の構成力皆無の上にFWは動きが被りまくり。個人でのキープなんて出来るわけもなく、その後の展開はもちろんシュートすらまともに打てない。2人とも活かされるタイプなので相手を活かせないのか、もしくはその発想すらないのか・・・。


サイドはクロスが駄目でDFとの連携も悪い。後半に相馬が中に切れ込み始めて良くなったがそれも後の祭りだったね。

正直、ポンテが帰ってくるまで首位と6ポイント以内の差で満足するつもりだったが、そんな考えすら夢のまた夢と思えるくらい醜悪なサッカーをしてしまっている。

ポンテ不在は当然だが、長谷部、ワシントンの不在も予想以上に大きいね。前線にボールがまったく収まらない状況では昨年の攻撃が通用する分けないんだよ。昨年はポンテ、ワシントン不在時もそれなりに攻撃できてたが、今年は相手に完全にバレてるから無理でしょう。だって今の浦和はハードにプレスすれば勝手にボール失ってくれるんだもんw

まあその数選手の不在よりオジェックの存在のほうが今の浦和には毒になってるだろうけど。


唯一の心の支えは浦和と同じように川崎とG大阪が苦しんでるところか・・・。
posted by オヤジ at 23:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 浦和レッズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月21日

日本-中国 1-0 東アジア選手権



まあ予想通りというかなんというか・・・。アジアという枠の低俗さを改めて痛感するとともに日本人でよかったとも改めて思う。

ACLで散々見せ付けられた悪質プレーを連発する中国人。それを止めようともしない北朝鮮審判。ある意味見慣れた光景であった。


ただ安田へのファールはあまりに酷すぎる。下手をすれば内臓破裂しかねないぞ。破裂しなくても肋骨が折れて肺にでも刺さったらどうすんだこの腐れ中国人。

レイシストと呼ばれても構わない。お前ら中国人はサッカーの場においては差別の対象だ。品性下劣で羞恥心もない外道。てめぇらの国だけで少林サッカーやってなさい。お前らにフットボールをやる資格はない。


それはさておき日本代表の出来については、一言「良かった」といっていいでしょう。あの環境で攻め倒すなんて無理だろうし、むしろ上手くかわしてた。

山瀬は相変わらず消えていたと思うと、突如としてチャンスに現れ決定的な仕事をします。チャンスメイクも以前より凄みがある。

守備陣も安定してた。開始直後は激しい中国のプレスに戸惑っていたが(特に内田はやばすぎた)、すぐにバランスを整え持ち直してくれた。

啓太とケンゴのWボランチは相変わらずいいし、今野も中澤と組むと良さがでまくる。

ただ内田に関しては赤点かな。彼は今後10年日本代表を背負っていくほどの逸材だし好きな選手だけど、現状は加地の足元にも及ばないでしょう。攻撃は悪くないのだけど、守備が明らかに劣ってしまうし、この守備の不安定さが時によっては逆サイド、ボランチを殺しかねないからね。

岡田の内田LOVEは凄いけど、このまま最終予選まで使い続けるとなると、初召集当時の加地同様に1年近く辛抱しないといけないかもしれない。

そんで岡田のここまでの評価は、オシムの地盤があるにしても良くやってるとは思う。1ボランチは無茶だと思うが(攻撃的といってるが攻撃的になってないし)それ以外の面は若手の取り入れ方や、試行錯誤の段階にしてはいい方でしょう。


サッカー日中戦:李選手「罵られたから反撃した」

鈴木啓太選手がつかみ合いになったことについて、李選手は「『Fuck out』と罵られたことが原因だ」と述べた。

睨み合ったあとすぐ離れてるように見えたが・・・。
もし嘘なら、これはスポーツ選手としてではなく人としてどうかという問題だよ?
posted by オヤジ at 19:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 浦和レッズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月09日

横浜M怒った!高原代表外しに「不信感ですよ」

この時期の代表召集はマジでウザイ。しかも高原だけ外すのもよーわからん。代表の基準は毎度のごとくよーわからん。

坪井は代表引退して、ある意味ホッとしたけど阿部が怪我で辞退・・・他クラブだと大久保と巻か・・・意図せずに前回大会同様に東アジア選手権はサブ+若手多数でいくようだね。


そんで題名にもある桑原の話。
まあ怒るのもわかるのだが、オシムジャパン発足してからの浦和選手の酷使ぶりを見てなかったような発言してるのはちょっと納得いかない。


DF陣全員もってかれたことあります?啓太と阿部は何試合出てると思ってます?

あの頃は無慈悲に呼ばれ続け、誰も擁護してくれなかったなぁ・・・。
posted by オヤジ at 23:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 浦和レッズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月04日

小野の2アシストでボーフムが勝利



いきなりキタコレ!
1点目はオフサイド(前の選手がファール?)臭いけど、2点目はコーナーからアシストですか。流石です。1点目もちゃんとあそこに走りこんできたのは素晴らしいよね。

試合感のほうもこの試合でだいぶ戻っただろうから、監督からの信頼はけっこう高くなったかな?

まあよっぽど小野伸二が嫌い!という人以外のサッカー好きからしたら、伸二の才能、能力は疑いようがないのはご承知のとおりであるが、初戦でこんな結果出しちゃうと逆にハードル上がりまくりで心配になったり(長谷部くらいのほうがちょうどいい?)。


とりあえず怪我しないでくれぇ!怪我さえなければ伸二は素晴らしい能力をもってるんだから。

怪我さえ・・・怪我さえしなければ・・・。
posted by オヤジ at 18:42| Comment(1) | TrackBack(1) | 浦和レッズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月26日

日本-チリ 0-0 親善試合

17時には終わると思ってた仕事が終わってみれば21時・・・録画などしているはずもなく試合は見てません。

0-0という結果とネットの記事を見る限り、かなりお寒い試合だったのは想像できるが、そんなことより啓太、阿部、高原に怪我がなくてよかった。特に高原は足を痛めてたらしいので、そんな彼をスタメンで使うメガネのおっさんにキレそうになったりもしたが大丈夫そうなので一安心。

次のボスニア戦も鬱陶しいが、3次予選が目前なので仕方がないか・・・。東アジア選手権はマジで勘弁してほしいけどね。特に高原は浦和でコンディションと連携を高めて欲しいし、闘莉王あたりも怪我治ったら呼ばれそうで怖い・・・啓太と阿部は案の定ムチャクチャな使われ方しそうだしねぇ。

とりあえず開幕前に怪我だけはカンベンして欲しい。
posted by オヤジ at 23:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 浦和レッズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月25日

小野、ボーフム決定!活躍次第で浦和での年俸超えも

長谷部に続き伸二までもブンデスですか。
長谷部が抜けて、ポンテも夏ごろの復帰になるだろうから、今年こそは伸二に期待してただけに残念。

今シーズンはブンデスを一切見てないので、ボーフムがどんなサッカーしてるのか分からないけど、長い間ちゃんと試合に出てないので、怪我がなんとかなったとしても、なかなかスタメン定着とまではいかないかもしれんね。

稲本vs長谷部vs伸二・・・・うーんこんなブンデスリーガが見れるとは思いもよらなかった・・・・ってJスポ中継カムバック!!
posted by オヤジ at 20:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 浦和レッズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月11日

高原が浦和入団会見



阿部のとき同様、違和感ありありですが、これまた阿部同様いずれ見慣れることでしょう。フランクフルトも似たような色だったけど、やっぱ浦和のユニだとねw

さあ高原には働いてもらうぞっと
posted by オヤジ at 20:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 浦和レッズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月09日

高原 浦和加入内定

高原直泰選手、加入内定のお知らせ

お久しぶりなわけですが、梅崎、エジミウソンに続き高原もです。こりゃフロントもかなり頑張ってくれたね。

高原の評価なんて今更自分がするまでもないですが、現在の日本人FWとして最高の選手であることに異論のある人はいないだろうし、経験値やカリスマ性、知名度も最高峰といえるでしょう。こりゃ達也と永井は相当頑張らないとスタメンなんてとれませんぞ。

個人的にいうと、高原本人のことを思うと海外でまだまだやって欲しかったというのはある。代表のことがあるのだとは思うが、欧州で十分通用することを証明できていただけに残念。海外挑戦にはいろいろな意見があるとは思うが、私個人としてはもっと行って欲しいので。


ただ戦力としてみた場合、上記のように絶対的FWとして浦和に君臨し、ゴールを量産してくれる期待が大きいので楽しみである。

飛びぬけた長所がない代わりに、あらゆることを器用にある一定レベル(日本人の中では最高峰)のプレーをやってのける選手なので、浦和の引きこもり糞サッカーにも対応できるだろうし、逆に言えば糞サッカーを変えてくれるという期待もあったりする。

昨シーズンは過密スケジュールで戦い方を変えることのできないままズルズル最後まで糞サッカーをやってしまったが、今年は余裕のあるスタートなので、オジェックも元々やりたかったサッカーを目指せるだろうし、既存の選手たちもいい加減に糞サッカーから脱却したいだろうから、エジミウソン、高原、梅崎、アレックスと攻撃の駒は揃ったので、ポンテ復帰前にも新しい浦和のサッカーを見せてくれると期待できる。


本当は水戸に期限付き移籍する赤星のような若手もちゃんと育てなければいけないのだが・・・・もう我々ファンやサポーターも、メディアも世間も若手を育成する余裕を浦和レッズというクラブに与えてはくれないだろう・・・・。
posted by オヤジ at 16:09| Comment(0) | TrackBack(1) | 浦和レッズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月16日

クラブW杯 浦和-エトワール・サヘル 2-2(PK4-2)

危なかったけど3位になれたのでホッとしてます。

まったくワシントンの素晴らしい2得点を無駄にするところだったな・・・いや本当に勝ってよかった。

坪井と都築の子供のようなミスも、勝ったからいいけど負けてたらどんな年末年始になるかと考えると本人たちもゾッするんじゃないかな。罰金もんだよあんなミスは。

まあこれもそれも勝ったから救われてる。負けてたら何の救いも無い。エトワール・サヘルの選手たちの涙がそれを物語る。

「世界の3位」とは恥ずかしくていえませんが、欧州南米以外の1位といったほうがいいのかな。そのほうが日テレが連呼する「世界の3位」より価値ありそうだしw


最後に2得点してくれたワシントンありがとう。また会う日までさようなら。


ってネネのことを忘れてた私は首吊りもんかw
posted by オヤジ at 18:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 浦和レッズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月14日

クラブW杯 浦和-ミラン 0-1

当然の結果・・・・といってしまうと話は終わってしまうのであえて善戦と言っときましょう。

ミランはリスクを犯さない。犯す必要が無い。犯さなくても点は取れる。ポゼッショで圧倒し、慎重に攻めていれば個の差でいつかは点が取れる。まあいつもの戦い方だろう。

組織としてはハッキリいってグダグダ。浦和以上にグダグダ。セリエAの順位が物語るグダグダ加減。浦和の守備陣を完璧に崩した場面も実力差を考えればかなり少ない。前半はミランのイライラが続いて、ファールクレクレ病が発動して酷い有様だったね。


ただそんなミラン相手だったけど、個の力の差はありすぎたわけだ。浦和としたらもっとラインを上げ前がかりになりたいんだけど、如何せんキープ力が段違いで、一度奪われたら最後なかなかボールが回ってこずに延々キープされる悪循環。

少ないカウンターチャンスもリスクを犯してないミランにはまったく通じず、しかもいつも以上に臆病な攻撃をしたり、いつもどおりの自己中な攻撃をしたり(今更誰とは言わんが)。

失点する前後にいい攻撃も見せたんだけど、完璧に崩したわけじゃなく、どちらかというとミランの気の緩みに付け込んだ形だった。まあその気の緩みが番狂わせを生む要因になることがサッカーでは多いんだけど、アンチェロッティはその緩みを見逃さずマルディーニ投入でしっかり修正してきやがった。

そのあとは手の平で転がされてるような展開。なーんにも出来なかった。ただでさえ実力差が有るのにコンディションでも負けてるとあっちゃ内容はこうなってしまうでしょう。

まあ昨日の試合は選手たちがどう感じたかの方が結果より重要かもしれないので、選手たちにはしっかりこの試合を消化して3位決定戦に向かっていって欲しい。
posted by オヤジ at 10:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 浦和レッズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月12日

ミラン戦

明日のミラン戦はライブで見れないことが決定・・・・・まあチケット買わないでよかったけど。


あしたももう一度喜びの歓喜(by日テレ)をあげたいねw
posted by オヤジ at 18:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 浦和レッズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月10日

クラブW杯 浦和-セパハン 3-1

逆境に強い浦和、絶対的選手が居ないときに何故か最高のサッカーをする浦和。ここ数年の浦和は本当にこういうチームになった(その反面ちょっとでも余裕を見せるとダメだけど)。

そういう意味では疲れのあるセパハンでは勝ち目が無かったのかもしれない。そのくらいいい試合だった。

ポンテが不在でタメが作れないなら、中盤でプレッシャーをかけボールを奪ってサイドに散らしてドン!という意思統一がチーム全体にあり、相馬も絶好調で左サイドを幾度と無く蹂躙できた。

中盤の守備は最高でったね。闘莉王がめったやたらに上がってたけど、それがむしろ中盤の守備を活性化させてた印象がある。啓太のボール奪取は何度もあり、前を向かせない、パスを出させないといういつものプレーも見せ続けた。これは啓太だけの成功ではなく、阿部がしっかり後ろで構えてたから出来たというのも当然書かなければいけないよね。いや〜良かった。

得点は2トップが2得点。2点とも崩した結果のものだから、個人技頼りの得点とは違う高揚感があった。まあ長谷部が決めてりゃもっと高揚できたがw


セパハンについては流石に疲れてた模様。ホームの彼らはこんなもんじゃ無かったし、しぶとさ粘り強さはvs川崎のときと比べても比較にならないほど低質だった。今日の試合を見てセパハン弱いと思われるのも逆にちょっとムカツク。彼らはJのトップチームと比べても遜色ないほど強いよ。


そんで次はミラン戦。まともにやっても勝てる見込みは無いが、勢いにのったチームは実力以上の力を出すことは多々ある。そして相手に悪い影響を与えることも多々ある。

死に物狂いでやれば良いことは必ずあると信じる。




あと最後に実況アナ。闘莉王は水戸を戦力外になったわけじゃねーし、浦和がトップチームになったのは奇跡でも何でもねーし。あまり適当なことは言わないように。

「20兆円選手になる(by長谷部)」は笑ってしまったので今回は許す。














あと「喜びの歓喜」ってなんだ?



笑えたので許す。
posted by オヤジ at 21:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 浦和レッズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月07日

クラブW杯 移籍など

ポンテがあんなことになってしまったので、クラブW杯は厳しい状態となった。これに関してはいまさらどうすることも出来ないので、2列目に入るであろう長谷部(伸二?)には頑張ってもらいたい。

移籍の話もチラホラ出てきてますな。特に梅崎と今野は取れれば間違いなく力になる選手。今野が浦和に来るとは正直思えないところもあるが、阿部が来たことを考えると可能性はある。

来期は長谷部がシエナに行くだろうし、啓太もどうなるか分からない。ポンテの怪我も、伸二の怪我(相変わらず)もどうなるかわからないので、中盤の補強は急務でしょう。
posted by オヤジ at 08:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 浦和レッズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月01日

横浜FC-浦和 1-0

仕事中に携帯で結果を知りました・・・負けるとはね・・・。残りもんは全部鹿島にくれてやったわけです。前回書いたことが現実になったわけです。

そんで家に帰ってどんな試合だったか見ようとHDを覗いてみたら

「お元気ですか日本列島」

間違ってんじゃん・・・撮れてねーし・・・

踏んだり蹴ったり。

けど全部自爆だぁぁぁ!!



いや逆に考えるんだ・・・これはクラブW杯でドラマティックにミランを倒すための前振りだと!





















ありえねぇ!
posted by オヤジ at 21:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 浦和レッズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。