2008年05月30日

キリンカップ雑記

基本的に岡田は勝ちにこだわる現実主義の監督だと思っているが、どうも今の代表で言うと理想と現実のギャップの中でフワフワしてる感じがしてしまう。

守備は現実的な人選だけど、攻撃はオシムほどではないにしても理想を追いかけている。まあ攻撃の理想を追いかけない監督なんていないだろうけど、今現在できる事とできないことの判断をやっているのか、それともできないことを無理にやらせているのかちょっとわからない。どちらにしてももう少し見てみないとね・・・ってもうすぐ予選再開だったw


久しぶりの海外組も良かった人、悪かった人。

俊輔は相変わらず精度の高いパスを出してくれる貴重な選手ということを改めて知らしめた。フィールドがいつもより広く感じたことは言うまでもない。

プレイスキックの精度は今回イマイチだったが、彼のプレイスキックは日本最大の武器でもあるので、やはり欠かせない選手である。


松井はテンパりすぎて空回ってたね。初戦なんて前半で燃料切れちまうし。これから必要になる選手でもあると思うのでもうちっと考えて欲しい。

逆に長谷部は落ち着いてた。初戦は何度かボール奪われてやばいところもあったが、今野がボロボロだったので仕方ないところもあるかな。筋肉付けたみたいだけどスピードは変わってなかったので安心。岡田の中で評価上がったんじゃない?


FWは相変わらず「誰が出ても同じだわ」という感じ。高原が代表外れたみたいだけど別にそれが大久保でも玉田でも巻でもどうでもいいかな。今の代表でFWに期待なんてしませんよ私は。
posted by オヤジ at 21:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本代表 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/98595978

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。