2008年04月28日

京都-浦和 0-4

前半はいつものグダグダだったけど、京都の田原がローリングソバットからニールキックという流れるような報復攻撃で退場になった後は、動揺した京都をフルボッコ。

なんといっても高原の2ゴールは本人にとっても浦和にとっても喜ばしい。これをきっかけに上り調子に量産してくれればいいが・・・。

闘莉王のゴールは説明不要のゴールかな。今現在、動きも含め彼とヘディング勝負をまともにして勝てる日本人はいないでしょう。動きなんてFWだもんなぁ。

ただそれもこれも退場者がでて1人少ない京都が相手だったからというのも大きいわけです。前半のようなサッカーやってたら今後も厳しいでしょう。



ついでに長谷部のゴール!


posted by オヤジ at 19:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 浦和レッズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。