2008年04月14日

浦和-鹿島 2-0

内容はともかく勝ってくれました。

やっぱり鹿島は強いといったところ。小笠原が守備に目覚めてから中盤の守備が安定してるし、そこからのポジションチェンジによる組み立てや速攻も素晴らしい。ポジショニングも全体的にいいからこぼれ玉を拾うし最終ラインも硬い。

ただこの日は運がなかった。シュートは浦和守備陣に寸でのところで止められたり、闘莉王のハンドは故意とは判断されずPKを逃したりと、一方的に攻める時間が多かったにもかかわらずゴールが生まれなかった。

浦和は立ち上がりは慎重にやり、バランスにも非常に気を配ってたし、なにより魔の時間帯の失点を避けることに集中していたようである。
その代わり攻めは単調でFWに当てるだけのサッカーになってしまったが。

高原だけがボロクソに言われてるようだが、あんなサッカーやってたらFWはゴールどころかキープすらそうそうできません(あんなサッカーでFWに得点させたけりゃドログバとは言わずワシントン呼べ)。当然エジミウソンも全然キープ出来ず、闘莉王、高原、エジの3人が前線で大きな蓋になってしまった。


そこで後半に永井の登場!前線で駆けずり回り、前半の3人の動きに慣れてしまった鹿島守備陣を崩し始める。

少し引き気味になった鹿島から高い位置でボールを奪い、啓太のサイドチェンジから闘莉王が折り返し永井のゴール。このときの闘莉王の動きはFWかと思ってしまうw

このゴールでエンジン全開になった鹿島に攻められ続け非常にヤバイ展開になったが、都築をはじめとする守備陣が踏ん張り、永井のボール奪取からの追加点に繋がる。

前半のグダグダ、先制してからのグダグダは相手が鹿島ということを鑑みても不安要素ではあるが、形自体は出来てきたし、やって良いことと悪いことも見えてきた。

とりあえずエジミウソンと高原は合わない。2人が前線に並ぶと中盤が機能しなくなる・・・。

高原はフランクフルトのころのようにもっともっとサイドに開いたり、運動量も増やしていかないと、永井の腰が治ったらベンチ決定になるぞ。
posted by オヤジ at 19:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 浦和レッズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/93362703

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。