2008年04月05日

磐田-浦和 1-2

2戦連続の逆転勝ち。失点場面が軽率なプレーによるものなので修正しないといけないが、そのあとの攻撃は2試合とも良かったと思う。闘莉王のボランチも良くなってきたし、若手の細貝と堤も非常にいい。

ただ闘莉王のボランチは周りのフォローが無いとイマイチ機能しないところがあるので高原や梅崎といった新加入選手はあまりやり易そうじゃないよね。逆に永井と山田はフォローがしっかりしてるので機能しやすい。

そういうことを考えたとしても高原はまだまだダメだねぇ。動いてはいるが効果的ではないし、マークが厳しいのに周りと合ってないから孤立してしまうことが多い。エジミウソンはパワーで何とか踏ん張る場面もあるが・・・。

永井のようにサイドに開く動きやおおとりになる動きをもっと積極的にやっていかないと今後は更に厳しくなると思う。


次は首位爆走中の鹿島が相手だけど、今の鹿島の出来を考えると今のような立ち上がりが悪い状態では前半のうちに勝負が決まってしまう恐れがある。

ホームとはいえ立ち上がりは慎重に行きましょう。
posted by オヤジ at 20:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 浦和レッズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。