2008年03月31日

浦和-新潟 3-0

やっと勝った!しかも快勝!

ただあえてケチをつけさせてもらえば、対戦相手の新潟が浦和以上に深刻な問題を抱えたチームであったということ。これは昨日の勝利に大きな影響をもたらしたのはいうまでもない。

中盤のせめぎ合いでは互角か、浦和のほうが啓太離脱もあって劣っていたところもあったくらいである。特に闘莉王がボランチに入ってから啓太に変わって入った細貝に負担が集中し、守備にまったくダイナミズムがなくなり、チェックも甘くなり、押される場面が目立ってくる。

闘莉王のボランチ起用は攻撃面ではプラスの面もあったが、やはり本職ではないのでバランスを欠いてしまった感があるね。それでもゴールを決めてくれたので結果オーライみたいな気持ちもちょっとあるがw


ただ新潟の攻撃陣のヘタレっぷりに助けられたことも忘れちゃだめだよね。失礼な言い方をしてしまったが、中盤は悪くないのに前線での迫力がまったくない(エジが浦和に来たからというのが大きいと思うが・・・)。矢野は相変わらず体が強く、素晴らしい選手なんだけど孤立しっぱなしでそこからまったく繋がらないので浦和守備陣はやりやすかったと思う。

浦和の攻撃は相馬の素晴らしいコントロールシュートと、エジ→闘莉王の崩しからのゴール、そして永井のゴールと、形は個人技+崩しで申し分なかった。


中盤はもう少し修正が必要だが、ゴール前でのダイナミズムは格段に良くなってきた。ここに高原、達也が帰ってきたらどうなるか見ものだし、ナビスコで良かった梅崎をこれからどう使うかなど不安は当然あるが期待も大きくなってきた。

個に頼らない攻撃の形を実現するには、中盤の守備も含めた構成力が重要なのは言うまでもないので、今以上にどんどん連携を高めていって欲しい。
posted by オヤジ at 19:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 浦和レッズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/91753062

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。