2008年03月27日

バーレーン-日本 1-0 W杯予選

今までのW杯予選の中で最低ランクといってもいい酷い内容でしたね。何もかも上手くいっていないで、失点する雰囲気はあったが点の入る雰囲気がまったくなかった。

あまり戦略的とはいえない3バックに、なぜか突然の縦ポンサッカー。スペース潰されるのが分かりきってるのにタメを作れる遠藤を外して、スペースがあって真価を発揮する山瀬を残す謎の中盤構成。巻は相手の高さに勝ちきれず、大久保はボールすらなかなか触れない。

守備負担を負った安田は機能せず、駒野もバランス取りにジタバタし、啓太と憲剛のコンビも中途半端な位置取りになっちゃった。3バックはまともなフィードが出来ず、最後には川口のミスで失点。


うーん。褒めるところ探してもまったく見つからない・・・。こんな試合久しぶりに見たなぁ。気迫もあまり感じられなかったし、たまに漂う「いつか入るでしょ・・・」みたいな雰囲気がこの試合では漂いまくってた。


オシムの頃と面子はそれほど変わってないのに、なんでここまでボールが回らなくなるのかね。点は入らないがポゼッションで圧倒・・・なんて別に褒められたものではなかったが、今の「縦ポンでボール回せず点も入らない」では進化のしようがない。こうも行き詰ってしまうと海外組が合流しても変わるとは思えないしなぁ。

とりあえず中盤の構成力を元に戻すところから始めたほうがいいと思われる。新しい選手を発掘する前にここから始めてみてはどうかな。
posted by オヤジ at 18:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本代表 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。