2008年02月21日

日本-中国 1-0 東アジア選手権



まあ予想通りというかなんというか・・・。アジアという枠の低俗さを改めて痛感するとともに日本人でよかったとも改めて思う。

ACLで散々見せ付けられた悪質プレーを連発する中国人。それを止めようともしない北朝鮮審判。ある意味見慣れた光景であった。


ただ安田へのファールはあまりに酷すぎる。下手をすれば内臓破裂しかねないぞ。破裂しなくても肋骨が折れて肺にでも刺さったらどうすんだこの腐れ中国人。

レイシストと呼ばれても構わない。お前ら中国人はサッカーの場においては差別の対象だ。品性下劣で羞恥心もない外道。てめぇらの国だけで少林サッカーやってなさい。お前らにフットボールをやる資格はない。


それはさておき日本代表の出来については、一言「良かった」といっていいでしょう。あの環境で攻め倒すなんて無理だろうし、むしろ上手くかわしてた。

山瀬は相変わらず消えていたと思うと、突如としてチャンスに現れ決定的な仕事をします。チャンスメイクも以前より凄みがある。

守備陣も安定してた。開始直後は激しい中国のプレスに戸惑っていたが(特に内田はやばすぎた)、すぐにバランスを整え持ち直してくれた。

啓太とケンゴのWボランチは相変わらずいいし、今野も中澤と組むと良さがでまくる。

ただ内田に関しては赤点かな。彼は今後10年日本代表を背負っていくほどの逸材だし好きな選手だけど、現状は加地の足元にも及ばないでしょう。攻撃は悪くないのだけど、守備が明らかに劣ってしまうし、この守備の不安定さが時によっては逆サイド、ボランチを殺しかねないからね。

岡田の内田LOVEは凄いけど、このまま最終予選まで使い続けるとなると、初召集当時の加地同様に1年近く辛抱しないといけないかもしれない。

そんで岡田のここまでの評価は、オシムの地盤があるにしても良くやってるとは思う。1ボランチは無茶だと思うが(攻撃的といってるが攻撃的になってないし)それ以外の面は若手の取り入れ方や、試行錯誤の段階にしてはいい方でしょう。


サッカー日中戦:李選手「罵られたから反撃した」

鈴木啓太選手がつかみ合いになったことについて、李選手は「『Fuck out』と罵られたことが原因だ」と述べた。

睨み合ったあとすぐ離れてるように見えたが・・・。
もし嘘なら、これはスポーツ選手としてではなく人としてどうかという問題だよ?
posted by オヤジ at 19:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 浦和レッズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。