2007年12月14日

クラブW杯 浦和-ミラン 0-1

当然の結果・・・・といってしまうと話は終わってしまうのであえて善戦と言っときましょう。

ミランはリスクを犯さない。犯す必要が無い。犯さなくても点は取れる。ポゼッショで圧倒し、慎重に攻めていれば個の差でいつかは点が取れる。まあいつもの戦い方だろう。

組織としてはハッキリいってグダグダ。浦和以上にグダグダ。セリエAの順位が物語るグダグダ加減。浦和の守備陣を完璧に崩した場面も実力差を考えればかなり少ない。前半はミランのイライラが続いて、ファールクレクレ病が発動して酷い有様だったね。


ただそんなミラン相手だったけど、個の力の差はありすぎたわけだ。浦和としたらもっとラインを上げ前がかりになりたいんだけど、如何せんキープ力が段違いで、一度奪われたら最後なかなかボールが回ってこずに延々キープされる悪循環。

少ないカウンターチャンスもリスクを犯してないミランにはまったく通じず、しかもいつも以上に臆病な攻撃をしたり、いつもどおりの自己中な攻撃をしたり(今更誰とは言わんが)。

失点する前後にいい攻撃も見せたんだけど、完璧に崩したわけじゃなく、どちらかというとミランの気の緩みに付け込んだ形だった。まあその気の緩みが番狂わせを生む要因になることがサッカーでは多いんだけど、アンチェロッティはその緩みを見逃さずマルディーニ投入でしっかり修正してきやがった。

そのあとは手の平で転がされてるような展開。なーんにも出来なかった。ただでさえ実力差が有るのにコンディションでも負けてるとあっちゃ内容はこうなってしまうでしょう。

まあ昨日の試合は選手たちがどう感じたかの方が結果より重要かもしれないので、選手たちにはしっかりこの試合を消化して3位決定戦に向かっていって欲しい。
posted by オヤジ at 10:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 浦和レッズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。