2007年05月13日

浦和-G大阪 1-1 監督のせいにするのは簡単

まあ今の状態を考えるとG大阪に引き分けたのは悪くは無いかもしれない。修復不能に近い組織でトップチームに勝つのは厳しいね。


ここまでの戦いを思い出してみると、攻撃に関しては昨年とさほど変わらない。もともとあんなもん。運動量がここのところ落ちているのも、スケジュールを考えれば仕方が無い(G大阪も後半やばかったし)。

ただアレがいないので、強引にサイドからクロスを上げたり、コーナーキックやファールをもらったりすることが殆どなくなってしまったのは大きな差である。アレはチームの状態とか関係なく決定的な仕事をする選手なのでいるだけで決定機を作ってくれたよね。これはもう居ない選手なので仕方が無い。


問題は守備。いや、実はこれも昨年と基本は変わっていない。
ラインを上げられないで、前後分断サッカーをしてたのは昨年からだし、むしろ闘利王がいない試合でも大量失点しにくくなった。

昨年と違うところは集中力だろう。なんだか分からんが、ある時間帯に確実にボールウォッチャーになってしまう。終了間際に多く訪れるが、これはもう集中しろ!としか言いようが無い。


ハッキリいってしまえば昨年から問題視されていたところが、今年になって一気に噴出したといっていい。さらにアレがいなくなり、ACLのハードスケジュールでボロボロ。さらに相手も相当研究してるだろう。

当然オジェックも考えてたはず。

ラインをしっかり上げて中盤をコンパクトにする。そこからポゼッションを高めて相手のプレスをかわす。さらに4バックにしてサイドアタックを効果的に運用し、同時にプレスを強化し守備も安定させる。近代サッカーの基礎中の基礎だ。


しかし浦和の選手たちの中にある「引いて守る」「攻撃はワシントン任せ」という呪縛があるせいで、これらの変革は受け付けなかった。

消極的な最終ラインとサイド、ボールをもったら突っ込むしかしないFW、そのFWをフォローできない中盤。

「じゃあ3バックで前と同じようにやってみなさい」


しかし結局は同じサッカーをやっている・・・。


まあ監督の責任にしてしまうのは簡単だが、選手個々が変わらない限り、この苦境を乗り切るのは難しいだろう。

オジェックが良くやってるとは思わないが、このままだと監督が代わっても結局は同じことを繰り返すだけ。

いっそのことワシントンの代わりを探すかい?手っ取り早い変革になるだろうけど、当たり外れのリスクはかなり大きいね。
posted by オヤジ at 22:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 浦和レッズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。