2006年12月17日

クラブW杯 バルセロナ-インテルナシオナル 0-1



「サンバが見たければ映画館に行け」

まさにインテルナシオナルはそんな戦い方だったね。華麗さなんて無くても、フィジカルでガシガシ削って、押して、バルサの個人能力を封じ、カウンター一閃で、個も組織も上回っているはずのバルサを潰した。

前目でどんどんプレスをかけて、バルサに自由なボール回しを一切させなかったし、普段ならこのくらいのプレッシャーなど物ともせずにかわしてきたはずのバルサの選手たちも、いつもと違う環境や相手に必要以上に恐怖を感じたのかもしれない。

ゴールも良かった。バルサはイマイチ最終ラインがおぼつかなくて、危なっかしかったんだけど、最後は完全に崩されてしまった。


かたやバルサは自慢の個を潰されて、組織にも悪影響が出た感じ。いつものように落ち着いたボール回しも余り出来ずに、時間が経つにつれて前へ前へと行く気持ちが、焦りに転じ、パスミスなども多くなってしまった。

あとバルサはかなり真剣だったと思う。秋葉原にいったりしてたけど、あれもある種のリラックス方法だろうし、何よりも生粋のバルセロニスタが無様な負けを許してくれるとは思っていないだろう(もちろんバルセロニスタとは観客席に居た黄色い顔した人や、テレビに出てる出っ歯のことではないよ)。


そんでMVPはデコになったけど、負けた側からでるのはどうなんでしょ?ちょっと疑問かな。まあデコは大好きな選手なのでまあいいのだけれど。

ああ、来年はこの大会の出場権をかけて、浦和もACLで勝ち続けなければならないと思うと、選手でもないのにプレッシャーが・・・。
posted by オヤジ at 22:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/29826625

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。