2006年08月03日

亀田興毅、ランダエタ再戦要求に「何回やっても勝てる」

メディアにも良心が残っていたのか、それとも批判したくても出来なかった空気が、昨日の試合の内容、結果を見て一気に噴出したのかはわからないが、それなりに批判的な記事を書いているようだ。

それでも昨日の試合、そして亀田親子、TBSのやり方そのものを肯定する人はまだまだいるようで。タレントやら、ボクシング関係以外のスポーツ選手などは「感動した!」とか言っちゃってる。特に女性は見ても分からんのかな・・・。


あと「努力したのだから」と擁護する人もいるかもしれないが、相手も努力してるんだよ。「家族愛に泣けた」って言う人もいたけど、相手にだって家族はいるんだよ。そのくらいの想像力は働かしてもいいのでは?


なんというか、昨日も書いたけど、亀田の試合をどう見るかってのは、結局は日本人としての美意識の問題なんだと思うわけさ。

個人的には、日韓W杯のときの韓国の行為に腹を立てたのも、W杯を汚されたという思い以上に、「正々堂々と戦って勝負を決めろ」「相手チーム(国)のことを考えたことがあるのか」という憤りがあった。まったく反省しない、勝って当然とでも言わんばかりの韓国人にも腹が立った。

今回の亀田事件?も、そういうことに腹が立つわけで。相手選手が負けを呑んだ上で試合をしたなら、プロレス的な興行として楽しめたかもしれないけど、本気で戦いに来てたのだから、その相手選手のことを考えると、亀田陣営、TBSに対して腹が立つのよ。


対戦相手を尊重できない人間が戦って、完敗の試合を強引に判定で勝たせただけでも酷い行為なのだから、「努力したから」「家族愛があるから」なんてことを免罪符に出来るわけないし、日本人としてそういう行為を許してはダメだと思う。



亀田も当然努力はしているだろうけど、それは相手も同じ事。そういう意味では、亀田という人は日本人の美意識に、何一つ当てはまらない。ほんの少しでもいいから、辰吉の爪の垢を煎じて飲めといいたい。


まあ亀田を肯定するのも擁護するのも自由だけど、もう一度日本人の美意識を見つめなおしてみないか。勝ち負け以上に大切な事、そして越えてはいけない一線というのは絶対にあるぞ!
posted by オヤジ at 20:29| Comment(2) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
同感。美しくないですな。とくに親父のシロー氏はいただけない。40過ぎであの体(てい)ですから、柄の悪い子供じゃないですか。ふつうなら、「息子が可哀想」となるはずです。TBSも東京の坊ちゃん放送局なんですね。
Posted by とんだまつやま at 2006年08月03日 22:15
ああいうもの「格好良い」とか「素晴らしい」とか感じてしまう風潮もなんかイヤなんですよねぇ。タメ口しか吐けないガキのどこがいいのでしょう。
Posted by オヤジ at 2006年08月04日 21:34
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/21883454

この記事へのトラックバック

亀田興毅の次戦はどうなる?|ボクシング亀田三兄弟
Excerpt: 亀田興毅の次の試合が、どのような形で開催されるかを予想してください。亀田家・協栄ジム・TBSが合意して正式に発表された試合予定を正解とします。 現在は8月20日に行なわれる次男・亀田大毅の試合に専念..
Weblog: Ike_rc941@eBet
Tracked: 2006-08-08 11:32
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。