2006年08月02日

亀田怖い テレビも怖い

亀田興毅の試合や、それ以前の過剰演出を見ていたら、なんとなく日本代表を思い出してしまった。

煽りに煽って、楽観論を垂れ流したはいいが、蓋を開けてみたら、力がまったく足りない。まさにタコ殴り状態で、ガードの上から叩いたパンチを「ナイス!」と煽る事しか出来ない悲惨な状態だった。

終盤になると、今まで無理やり煽っていた解説人たちも、あまりにも悲惨な状況を見て「これが世界なんです」「最後まで戦う姿勢を見せて欲しい」「がんばれ」としかいえなくなってくる。まさにブラジル戦を思い出す・・・。


けどそこはサッカーと格闘技の違い。あれだけタコ殴りにされてた亀田興毅が判定で勝利。ユーベもびっくりのインチキだ。国内リーグ(タイトルマッチ)ならまだしも、これは世界タイトルマッチだよね。

お金と権力と暴の力は恐ろしい・・・。更に言えば、今後の主要メディアが、このインチキ判定を徹底的に批判することなどまずないだろうということ。WBCのアメリカ糞審判は徹底批判出来ても、メディアが自ら作り上げた偶像を、自らの手で汚す事など出来ようはずが無い。

こうやって我々一般大衆はメディアに洗脳されてきたのだろうと思うし、これからも洗脳させられていくのだろうと思うと、なんともいえない恐ろしさがある。


過去に、同じような勝ち方をした鬼塚は、実況席で何を思う。実力でタイトルを取った畑山は何を思う。


これで大晦日は防衛戦という名の茶番劇が放送されそうだ。これで高視聴率なんてだしたら、日本人は日本人としての、美意識を取り戻す事は二度と出来なくなるかもしれない。いや、もう無いのかな・・・。


正々堂々とはじめて戦い、全力を出して戦ったのだから、インチキで勝つより、清く負を認めたほうがいい。

そういうものの方が美しいと自分はこの先も思っていたい。そしてこういう試合には断固としてNOと言いたい。
posted by オヤジ at 22:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。