2006年07月10日

イタリアが4度目V 1−1からPK戦制す



ジダンの頭突きも含めて、良い試合だったと思う。

ここまで戦術が成熟していくと、どうしてもこういう大舞台ではリスクを犯す戦い方はし辛くなるので、決して攻撃的にはなれない。しかしそれでも、イタリアの最終ラインは芸術の域に達していたし、フランスの中央の守備ブロックも芸術だ。

思えばイタリアとて、代表では暗黒の時代だったのかもしれない。クラブレベルでは、栄光を掴んできたが、代表では選手層に見合った結果はここ数年出ていない。


先制したあと、守備的にしすぎてバランスを壊し悪い結果を招いてしまう。こんな展開を何度見た事か。けど今大会はそういう展開は殆ど無かった。最後まで落ち着き、攻守のバランスも整えた。ミスジャッジともいえるPKを与えてしまった後も急がず焦らず、時には汚く執拗に相手を潰す。まさにチャンピオンに相応しい強力なチームだった。イタリア国民も、国内リーグの悲惨な状況を、少しの間忘れて喜んだ事だろう・・・。



サッカーはフィールド上で、様々な人間の激情と体がぶつかり合い、様々な局面でそれが弾け飛ぶ。それは美しくもあり、時にして醜くくもある。ジダンという世界最高の選手は、そういった美と醜を両方兼ね備えた天才だったのだろう。

そして夢の舞台は終わり、もうすぐ実の生活である各国リーグも動き始める。変わらない選手、移籍する選手、怪我を治す選手、もうその世界にもジダンはいない。ありがとう、そしてサヨウナラ。







モンゴル相撲かよw
posted by オヤジ at 21:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/20586875

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。