2006年07月09日

地元ドイツが3位=ポルトガルを3−1で破る



両者とも準決勝の敗退で、一度ゼロになったモチベーションを、再び奮い起こして戦わなければいけないのが三位決定戦。

そういう戦いになったら、ホームでもあり、精神的にも強いドイツ代表は無敵かも知れない。

そして勝ったドイツ代表は、決勝に行けなかった悔しさはあるものの、下を向くものはいない。サポーターも前を向いている。

それは欧州選手権を始めとした、国際舞台での惨敗劇という、暗黒の時代から抜け出せる希望の光を、今大会の中で数多く見つけたからであろう。

保守的過ぎたドイツサッカーに変革をもたらし、光を見せたクリンスマン監督は、そこにいるだけで英雄だろう。

あとは個の力だ。シュバインシュタイガー、ポドルスキー、フート、メルテザッカー、ラームといった若手たちの更なる成長に期待する。

そしてカーン、フィーゴといった、代表から去る選手たちに、最高の賛辞を贈りたい。
posted by オヤジ at 13:07| Comment(0) | TrackBack(1) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/20504938

この記事へのトラックバック

【W杯】シュバインシュタイガー劇場!ドイツが3位に
Excerpt: シュバインシュタイガーの強烈なミドルがポルトガルを切り裂く Copyright...
Weblog: SHODO(衝動)
Tracked: 2006-07-09 15:01
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。