2006年07月01日

ドイツ、執念のPK戦勝ち=ドイツ−アルゼンチン



すげー試合を見た事だけは確か。興奮して、何度もドイツが負ける姿が頭によぎった。けどそんなヘタレな自分とは違い、ドイツの選手たちは最後の最後まで諦めず、死力を尽くして戦った。

明らかに今までの相手とは違うアルゼンチン。早く効果的なプレスでドイツの中盤を圧倒し、主導権を握る。はじめはスペースを作らせないために、ドイツの中盤が、意図的にプレスを緩めたのかとも思ったが、そういうことでは無かった。普通に中盤で圧されてDFラインが下がってしまったようだ。

流石に個の能力では1枚上手のアルゼンチン。けどドイツの選手は、不用意な飛び込みや、スペースを作る事をしなかったので、支配されてもリケルメやテベスといった攻撃に絡んでくる選手を、最後のところでしっかり止めていた。

失点は意外にもセットプレーからであったが、この失点の後に流れは激変する。

アルゼンチンの中盤が明らかに引き始め、ドイツに支配され始める。ドイツはシュナイダーに代えオドンコール投入。アルゼンチンはGKアボンダンシエリが負傷し、フランコと交代。

その流れを見て、ペケルマン監督は、圧され始めて埋没してしまったリケルメをカンビアッソに代えて、なんとか中盤を守備面も含めて蘇生させようとする。

しかし、シュバOUTボロウスキIN、クレスポOUTクルスINした直後に、入ったばかりのボロウスキが起点となりクローゼが同点ゴール。ここで打つ手を失ったアルゼンチンは、このまま沈んでいくのか・・・と思いきや、またまた息を吹き返し、ドイツを圧し込みはじめる。なんという個の能力とチームの連動性・・・。

けどクレスポに代わって入ったクルスはまったく怖い存在ではなった。もしあそこでサビオラかメッシを入れていたら・・・誰もがそう思っただろう。

そして延長を経てPK戦へ。
PK戦で絶対的な強さを誇るドイツ。アルゼンチンはここまで来た時点で勝ち目は無かったのかもしれない。

レーマンはカーンの激励を受けて出陣。レーマンの照れ笑いをはじめて見た・・・いい場面だったね。そして落ち着いた動きで2本止めたレーマンの活躍で勝利。

最後まで諦めない精神力。喰らい突くような1対1の守備と、決めて欲しいところで決めてくれるストライカー。今のドイツ代表は、往年の最強ドイツ代表の強さを思わせるようなチームに成長している。

アルゼンチンもここで見れなくなるのは寂しい気もする。リケルメのプレーは本当に素晴らしく大好きだ。サビオラもメッシももっと見てみたかった。相手がドイツで無ければ応援してただろう。

まあテレビでメッシメッシとしか言わない馬鹿を見ないですむのは嬉しいが。


PK後に選手がピッチ上でもみ合い

なぜ最後にビヤホフが殴られてたのだろうかw
posted by オヤジ at 13:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/20103305

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。