2006年06月30日

ドイツとアルゼンチンが激突=W杯サッカー、準々決勝開始

準決勝が楽しみで仕方ない!
ということでドイツ−アルゼンチン展望をば。


個の力ではアルゼンチン有利。組織面では互角。調子の良さはドイツ。
ドイツは地の利を活かし、調子の上がったチームで120%の力を出すことが出来れば、有利に試合を進められるだろう。

ただそれだけでは勝てない。問題は、今まで戦ってきた相手とアルゼンチンとでは、あらゆる面で次元が違うということ。ホームの力でチーム力を水増ししただけで勝てる相手ではない。キーになるのはミドルシュートといったところか。


オシム氏千葉を説得…1日にも決着か

オシムが監督になっても、喜んでいる暇はない。まだジーコの総括もしてないのに、喜ぶわけにはいかない。

川淵の進退問題に関しては、もう諦めるしかないだろう。だが何度も言ってるように、ジェフはのサポーターは、自分たちの要求や思いを、オシムや協会にぶつけ続けて、筋を通してもらう事が大事だと思う。

そして重要なのはオシムの意思。悔しいかもしれないが、川淵の策に乗せられてしまったからには、もうこれを待つしかない・・・。
posted by オヤジ at 20:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/20070443

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。