2006年06月27日

ロスタイムにトッティがゴール イタリアがベスト8へ

2日連続で糞審判に試合を壊されるとは・・・。

けどイタリアが勝ってよかったよ。PKの判定は確かにシミュレーションと言われても仕方がないが、後半早々にあったマテラッツィへの1発レッドだってどう見てもおかしい。あれがレッドならDFはバイタルエリアでスライディングなんて出来なくなる。

あのままオーストラリアが勝っても、この先つまらなくなるし、ヒディンクも2大会連続で、ジャッジに助けられたと言われたくはないだろう。




オシム氏と交渉=田嶋委員長が自宅訪ねる

あとはオシム次第というところか。それを受けて多くの代表サポは喜んでいるようだけど、自分はまったく嬉しくないね。

そりゃオシムは監督としても素晴らしいし、人間としても素晴らしい。けど川淵の、限りなく真っ黒なポロリ発言を考えてみても、JFAがジーコジャパンの何が悪くて、どこが良かったのかなどの総括をしているようには、まったく見えないわけさ。

川淵の進退問題なんて無くなっちゃったみたいだし・・・。それより川淵はジェフ千葉のサポーターになんか言う事あるだろ?

と思っていたら
オシム氏「断るかも」初めて胸の内語った

これで代表も千葉の監督も断ったら、川淵は本当にどうするのだろう・・・。テレビでは日本の惨敗も、川淵の非道な行為もなかったことのようにスルーしていく。もう何年も前から、多くのサッカー雑誌やテレビ関係は、JFA専属の報道機関に成り下がってしまっている。

批判すれば取材拒否を受けるためか、真っ当な批判が出来ていない。出てくる記事は、選手の腰巾着の記者どもが、自分の引っ付いてる選手を弁護したいがための、他の選手の罵倒記事。女性週刊誌にでも転職すれば?


まっとうな批判はスポーツ新聞に頼るしかないのか・・・。と思ったら

オシム決裂ならブッフバルト!? またドタバタ交渉

何を言ってんだw
ギドが監督になったら半分は浦和の選手になるぞw
posted by オヤジ at 20:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/19932422

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。