2006年06月25日

ドイツ、ポドルスキーの2ゴールで準々決勝進出

勝ったどー。

ドイツは前半の怒涛の攻撃で、スウェーデンDFを完全に崩壊させたね。前線での激しい動き、クローゼの個人技でスウェーデンの最終ラインはズタズタにされる。

特にクローゼの動きにまったく対応できず、2点目の場面は、彼1人に3人のDFがついてしまい、ポドルスキをフリーにさせてしまった。

そして後半、ルチッチがクローゼの動きにまたも対応できずに2枚目のイエローで退場。そのあとラーションがPKを奪うが、これを外して、スウェーデンは自滅していった。このPKの判定は妥当だろう。不用意すぎ。

一番ドイツでよかったと思える部分は、攻撃をシュートで終わらせた事。このチームはカウンターに弱いところがあるので、それをさせないためにも、絶対にシュートで終わらせたかったのかもしれない。それでも枠に飛びまくるミドルはさすがだが。


内容は始めの2得点で勝負ありと言った感じだ。スウェーデンは自慢の守備が崩壊した時点で勝ち目はなかった。そのあとも最終ラインの前で、ドイツの選手をフリーにさせ過ぎてしまい、ミドルシュートをバンバン撃たれてしまう。GKの攻守がなければ、もっと失点していただろう。

ただドイツもまだまだ。最終ラインのミスは相変わらず多いし、レーマンはお笑いプレイに近いものもあった。攻撃陣は素晴らしいが、守備のミスだけは治りそうもない。

まあ今日の試合はドイツが強かったというより、スウェーデンが酷く弱かったといったほうが適切かもしれない。あんな恥ずかしいラーションのダイブが見れるとはね・・・。


アルゼンチン、苦しみながらも準々決勝進出

どうしたアルゼンチン?と言っている人もいるだろうが、メキシコというチームは、フィジカルで押してくる欧州のチームには惨敗も多いが、同種のチーム相手には強いのは分かっている事だ。

ただ勝負を決めたのは個の差だろうね。運動量や守備に関しては互角だったが、要所での強さ、上手さはアルゼンチンが上回ってたし、何より勝ち越しゴールのロドリゲスのシュートときたら・・・。あの時間帯にあの位置から、あんなシュート撃つとはアッパレです。


準決勝はドイツとアルゼンチンに決まった。ドイツが勝つには、今日の試合のように早い段階で勝負を決めてしまうようなゴールが必要だろう。アルゼンチンの力はまだまだ出てくるはず。


あと当然のことではあるが、強いチームはよく走る。どこぞの弱小チームとはえらい違いだ。
posted by オヤジ at 13:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。