2006年06月24日

決勝トーナメント

「サッカーを見るのを楽しむ」という意味では、これ以上ないような面子だ。本当に楽しみ。

まずはドイツ対スウェーデン。大会が始まる前までは、応援してるドイツが優勝するためには、それこそ「八百長でもしなければ無理」と思っていたが、グループリーグの内容と結果を見る限りでは、十分優勝を狙えるチームになってきたと思う。

特に守備面で安定してきた。DFラインを上げて中盤をコンパクトにすることを意識する余り、オフサイドを取る事が出来ずにピンチを連発してきた今までの状態を、DFラインを状況によって下げる事で、スピードのないCBがぶち抜かれる事がなくなってきたと思う。

スウェーデンはイブラヒモビッチがいないほうが、ドイツに有利に働くような気がしないでもない。単純な高さではドイツも負けてないし。どちらにしてもリュングベリが機能しないと、このチームの攻撃の迫力は半減するので、ドイツはそこを抑えていきたいところだ。


ジーコ監督後任にオシム氏と交渉 川淵会長明かす

辞任する気もない上に、思わずポロリってか。けど本当に口が滑ったのか?批判を回避するために、わざと言ったんじゃないだろうな?

まあ勘ぐりは置いといて、田嶋の引きつった顔がなんとも虚しい。今までコツコツとオシムに絞ってやってきたのに、こんなところで暴露されたらタマランだろうね。

オシムが監督をやること自体は歓迎だが、千葉との関係がハッキリしない状態では、積極的に賛成はしない。

それはオシムどうこう、日本代表どうこうではなく、千葉に悪いから。最優先するのは千葉と千葉サポの気持ち。


日本代表も帰国。ギャルサポとさくらで埋め尽くされた空港ロビーに入ってくる選手たち。この光景は、まさに今現在、日本代表を取り巻く現状を現している。
posted by オヤジ at 23:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。