2006年02月27日

トリノ五輪終了

正直、冬季五輪は毎度のことあまり興味が沸かない。メダルが1個しか取れなくても、「みんな頑張ったんだろうからいいんじゃない?」程度のことしか思うことは無い。

新聞とかテレビでもそういう雰囲気ではあるようだ。まあ殆どアマチュア選手だし、メダル取ろうが取るまいが、結果が出せなかったとはいえ、それはそれで有意義なのだろう。

これが自分の感想だし、おそらく世間もそうだろう。どこかしら千葉すずが昔いった「日本人はメダルキチガイ」というセリフを、世間やマスコミが自ら否定するかのように、「ダメな日本代表」という言葉を発しない。それはそれでいいのだろう。

ただ確実にいえることは、期待されながらメダルが取れなくても、殆ど批判されないスポーツというものは、間違いなく将来発展することも無ければ、国民に浸透することもないということ。
posted by オヤジ at 21:21| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/13885148

この記事へのトラックバック

トリノオリンピック閉幕
Excerpt: あっという間にオリンピックが終わってしまいましたが、個人的にはまずまず 楽しめました。不調な日本といわれながらも、フィギュアスケートがあれだけ 注目されたことはなかったし、マイナーといわれたカーリング..
Weblog: ベンチ裏
Tracked: 2006-02-27 21:48
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。