2009年04月19日

浦和-京都 1-0

またも放置プレイで久しぶりの更新。

うん。攻守のバランスが取れたいい良いチームになってきましたね。開幕直後は前に行き過ぎてバランスもクソもなかったけど、そこはもともと守備のチームであったが故に修正も早い段階で上手くいったと思う。

京都も昇格チームらしい勢いのあるいいチームだが、力の差を見せ付けた勝利といっていいでしょう(相変わらず得点は少ないが)。


ここ数試合を見てのチームの中心選手を何人か挙げてみようかな。

・山田直輝
言わずもがな10代で中心になった男。見た目は中学生だが、チームのエンジンといってもいい。ボールを受ける、渡すの動作を常に考えながら動いて走ってまわりと連動しようとしてくれる。

ポジションは違えど長谷部に匹敵する実力者が自分のところのユースにいたとはね。素晴らしい才能があることはもちろん承知していたが、正直ここまでとは思ってなかった。

・エジミウソン
昨年とは打って変わって走る選手に変貌。ちょっと「昨年は何だったんだボケェ!」と思ったりもしたが、そんなことを口に出させないほど素晴らしいプレイを見せてくれている。


・坪井
闘莉王がイマイチなところもあるせいか、坪井のエース潰しが際立っている。ここ3試合を無失点でやり過ごせてるのも彼の存在が一番大きい。

現状でこの3人を欠かすことはできない。


ただ他の選手がダメという訳でもないわけですわ。

原口も京都戦ではゴールを奪えなかったが、ボールタッチやシュートの上手さは素晴らしいものもってます。前節に達也が怪我をしてしまい、いつもならチーム力低下を嘆いてしまうところだが、「原口がいるなら」と現段階では思わせてくれている。

高原も相変わらずゴールの臭いはしないが、チームに貢献する動きはエジや達也に引けをとらない。


現状の問題というと、ボールはまわるが点になかなか結びつかないというところでしょうか。名古屋、京都戦も3点は取れたんじゃないの?と思ってしまう。

まあまだ5試合なので、多くを望む必要はないし、課題としてあるけど勝っている現状を喜んだほうがいいでしょう。
posted by オヤジ at 17:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 浦和レッズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/117761745

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。