2009年03月15日

浦和-FC東京 3-1

良い形、良い時間に得点した勝利。

調子が上がってるとは思えないFC東京相手といえど、しっかり流れの中から得点できたことは今後のフィンケサッカーを実施していく浦和にとって大切な勝利といえる。

早い段階で阿部のゴールで先制したけど、前半は余り良くない。結構あっさり同点にされてしまったし、鹿島戦程ではないにせよ最後のところでミスしてしまったり、合わなかったりしてカウンターを奪われてしまう。

パスサッカーを志向するとどうしても選手同士の距離が近いのだけど、当然そうなると相手にスペースを与える状態を作ってしまう。奪われるとピンチになる、けど崩せばチャンスになるというリスクのコントロールを如何にしていくかが今後の課題か。


後半は山田直輝の投入など采配も当たり2得点。得点はポンテの完全復活を象徴するかのような華麗なパスとコントロールシュート。ポンテの雄たけびを久しぶりに見れた良い場面だったね。


そんで残り時間も少なくなり、堀之内が投入され「逃げ切り体勢」に入ったときの浦和は昨年までと全然違っていた。

昨年までは強いときでも逃げ切り体勢に入った途端、相手の猛攻を受け冷や冷やの勝利という展開ばかりだったけど、今回は徹底したボール回しで相手を翻弄し、最後まで危なげない形を作り続け勝つことができた。これは選手たちの自信になったのではないだろうか。


選手個人で言うとまずはエジミウソン。昨年と違ってよく走り、よく守備する。自陣ゴール前まで戻ることも多く、昨年のあの体たらくぶりは何だったのかと思ってしまうほどだ。

後は高原も悪くはない。相変わらず得点の臭いはしないが(ダメじゃんw)それでもチームの中で活きようと必死だし、昨年持っていた変なプライドは微塵も感じない。これはエジ同様に攻撃陣の競争の激しさを物語っているのだろう。

その攻撃陣の中でも若い山田直と原口は良い感じで馴染んできている。原口は2戦連続スタメンでも気負いは感じないし、何よりサッカーが上手いね。山田直も途中出場で結果を出したし気負いもない。

この2名の存在が高原とエジのケツに火を付けたのかも知れない。


今回の試合は良い勝利ではあったが、同時に鹿島戦と同じようなミスも多かった。これを修正するのはそう簡単にはいかないだろうが、トップチームと当たる前に修正しておきたいところ。
posted by オヤジ at 04:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 浦和レッズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/115670027

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。