2008年12月09日

フィンケ新体制は楽しみではある

フィンケはドイツ2部で長いこと引きこもっていたため、キャリアの割りに情報が極端に少ない。

運動量が豊富で守備能力と意識の高い献身的なプレースタイルや、ショートパスを多用したビルドアップ能力に優れている選手を高く評価する。生粋のストライカーは滅多に起用せず、細かなパス回しとMFの走り込みを組み合わせた攻撃サッカーが身上。

wikiのこの記載を信用するなら、まさに「浦和と真逆のサッカー」である。ギドが反対したのもここが理由になっただろう。

これが実現し強くなったら楽しくて仕方ないだろうが、昨日も書いたように実現するにしてもすぐには無理。フィンケ自身もある程度長いスパンで考えているだろう。

そしてその中で期待する選手は梅崎のように今年干されてた選手、高原やエジのように今年イマイチ信頼を勝ち取れなかった新加入選手、啓太のように不調の極みだった選手など、チームとしてではなく個人として悪いシーズンだった選手の奮起である。

そして何といっても育成がうまいと評判のフィンケだけに、原口、高橋、山田の若手にも期待してしまう。

他には闘莉王や都築といった増長組(笑)のコントロールもして頂きたい。

フィンケの他に信藤氏がチームダイレクターに就任したこと。
信藤氏といえば監督時代の某チームで2バックシステムをやったことが話題になったが、監督になるわけでもないのでそれは問題にはならないだろうwむしろ「劇薬」という意味では有意義かもしれない。

期待するところといえば就任会見でいった明確なコンセプトというもの。このコンセプトといえば即ちフィンケのサッカーなのだろうが、信藤氏が通訳のような形になりチームにその考えを植えつける。こう考えれば言葉の使い方が上手い信藤氏は適任かもしれない。

ただ解説等で素っ頓狂な発言もよくするので、監督並みの発言権を与えるのはダメかもしれないね。選手にとってはトルシエ時代の山本のように兄貴分的な存在であったほうがいいかもしれない。


とりあえず改革の人材は揃えたのだから、今のうちにしっかりクラブの中で決め事をつくり、その作り上げたコンセプトというものをチーム全体に植えつけてほしい。
posted by オヤジ at 22:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 浦和レッズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/110977475

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。