2008年12月06日

浦和-横浜FM 1-6

最後の試合が一番酷い試合になってしまったね。

勝つ気がまったくないスタメンだったけど、ここまで酷い内容になるとは思ってなかった。選手は頑張っているものの全ては昨年からチームを作ってこなかったツケで、なにをやるにもチグハグ。

ここまでぼろ糞に負ければ選手たちも気づいただろう。自分たちが天狗になっていたことも、今更ながらにサッカーとは個人技だけではどうにもならないということも。

大量6失点のエンディング。ここ数年築いてきた浦和の全てが崩壊し全てが終わった瞬間だった。これを来年に繋げるのは選手にかかっている。


岡野と内舘はとりあえずお疲れ様。両者ともこの先どうするか未定だけど、引退するにしても他チームにいくにしても幸福であることを願います。

エンゲルスもお疲れ様。5年間の最後が最悪のものになったが、ギドの成功もあなたあってのものでしょう。


さあ犠牲は払った。この犠牲に見合う見返りを得るには少なくとも3年いるだろう。辛抱することも応援する者にとって必要な要素だ。

サポも岡野の天然スピーチを聞いて最悪の状況も前向きに考えることができそうだしw
posted by オヤジ at 17:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 浦和レッズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/110789366

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。