2008年11月28日

ネガティブニュース大量

とにかくネガティブなニュースばかりな浦和ですが、それについて少しだけ書きます。


エンゲルス解任が決まったあとの選手の反応には正直落胆した。

闘莉王
「(今季は)残留争いをしててもおかしくなかった。ここまで来られたのはゲルトさんのおかげ」「みんなのことを分かってくれる。アドバイザーでもいいから残ってほしい」

この温い考えこそ今の浦和の現状を物語る。仲良しクラブのまま成長せず、組織もチームもグダグダになった状況を選手も少しは考えなければいけない。

確かに急遽監督になったので同情の余地はあるが、5年間も浦和を見てきたというのに、行き当たりばったりの戦い方しかしないというのでは同情以前に話にならない。

そもそもオジェックがチーム改革に乗り出し、システムから見直そうとしたとき真っ先に反対したのは闘莉王でしょうが。

神戸戦の惨敗で高原が「ホームでこういうゲームしかできなかったのが恥ずかしい。 ... 根は深い」と話したとき闘莉王をはじめ、他のチームメイトはどう感じたのか。「よそ様」の高原の言葉など意に介さなかったのではないか。


別の主力選手
「上の人が今の時期に言うっていうのがおかしい。試合も残っているのに、選手はどういう状況でやればいいのか」

マスコミの歪曲報道かもしれないが、本当にいったのであれば残念でならない。「(監督のためにも)残り試合全部勝つ」となぜ言えない。こんな状況まできて時期がどうとか情けないことばかり言ってどうする。


なんというか自分たちの置かれている状況というのがイマイチ分かってないような気がする。ここ最近のフロントの判断は明らかに「改革の意思」というのを見せようとしている。それが成功するかどうかはもう少し見てみないと分からないが、岡野と内舘の契約更新しないという例を見ても根本から見直そうとしている気概だけは伺える。

その改革に協力するのか、それとも拒絶して出て行くのか。それは選手の判断に任せるが、基本姿勢は「去るものは追わず」これで行きましょう。
posted by オヤジ at 20:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 浦和レッズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/110353898

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。