2008年11月24日

このシステムなら勝てた!?

     達也

  梅崎 ポンテ セル  

   阿部  細貝

相馬 闘莉 坪井 平川
  

これで清水戦を戦っていたらどうだっただろう。

相馬は守備に不安が残るが阿部、梅崎とのポジションチェンジで何とかなる。

闘莉王はやはりDFで阿部と細貝が激しく動き回り守備をし、しっかり底を支えつつ前線に展開。ポンテとセルのキープ力で平川の上がりを助けつつ、達也、梅崎とともに前線で激しくプレスを掛ければ、個で上回る浦和のペースで試合が進められるはず。


・・・・こんなことを考えてしまう人は今の浦和の現状を分かってない。

そんな選手の配置でどうにかなるレベルに居るなら、もうとっくに盛り返している。こんなTVゲームのようなシステム論など今の浦和には何の意味もない。

走らない、リスクを負わない、味方を信用してないという状況では、なにをどう弄ったって変わりはしない。


問題なのはこのTVゲームのようなシステム論を一番信奉しているのが監督のエンゲルスであるというところか。

代表の真似をした4-2-3-1も、選手に戦術を理解し実施する意識と脳みそが備わってなければただの形骸。達也だけ理解してても意味が無い。



「頼むから走ってくれ!」

「頼むから味方を信じリスクを負ってくれ!」

これくらい選手にいってくれよ。
posted by オヤジ at 23:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 浦和レッズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。