2008年11月23日

浦和-清水 1-2

ボールはまわるがチャンス自体が少ない。けどその少ないチャンスを決めていれば勝てるということを、浦和ではなく清水にやられてしまった。

前半は細貝の右サイドがフィットせず、セルもどうもギクシャク。中盤は動きの少ないポンテと闘莉王だから、いつもより高い位置にいる相馬も攻撃に関与する場面が少なく、達也にもボールが渡らない。

完全なフォーメーションの失敗だけど、監督は修正しなかったね。後半になって選手自信が細かな修正をしたみたいだけど。

後半は守備とカウンターしかしてこない清水に対してボールをまわすだけで、崩すまでには中々いかない。


相馬が限界に来て、何故か山田を投入する監督。パワープレーに持ってく時間でFW投入しないのは何で?FWじゃなくてもサイドでクロス上げられる選手出せよ。

体力面を心配しつつ後半ずっと達也を使わざるを得なかったにも関わらず何故か終了間際の後半39分で交代。あと10分くらいしかないのに交代する意味あるの?


案の定、山田はボールを持っても出しどころを探して中に入って逃げのパスを繰り返すだけ。エジと闘莉王だけが前線で待ってるだけでボールが上がってこない。

・・・そのまま終了。


結局得点は闘莉王の個人技による得点のみ。
闘莉王のボランチはポンテ不在のときの奇策と思っていたが、監督の中ではメインの戦術になってるようで。

ああ頭が痛い
posted by オヤジ at 20:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 浦和レッズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。