2008年11月20日

W杯最終予選 カタール-日本 0-3

完勝といったゲームでしたね。決定機自体が多かったわけではないけれど、決めるところでしっかり決めれたのが大きかった。

ピンチも川口が弾いたシーンくらいのもので最終ラインも中盤も前線も良い守備をしてたと思う。


試合開始早々にカタールが猛プレッシャーでガツガツ来てたけど、そこで引き下がらずに対処できた。あそこでズルズル下がって押し込まれて失点という最悪なパターンにならずに済んだし、逆に日本が調子付く切欠にもなっていたと思う。


攻撃はスペースワークの上手さが目立った。達也、玉田、大久保は凄く意識して動いていたし、出し手の俊輔、遠藤、長谷部も意識してパスを出していた。

ちびっ子3人衆の動きは軽快で、カタールの選手はついて行くのがやっと。これは達也が入ったことが大きいでしょう。前線でのプレッシャーも彼が入る以前とは比べ物にならないほど機能してるし、走っているだけで相手はウザかったことでしょう。

今後の問題点を挙げるとすれば、達也と玉田は怪我が多いということと、大久保がボルフスブルグに移籍してコンディションを落としかねないというところか。これはもう祈るしかないでしょう。


中盤は俊輔が怪我の影響もあり不調。ボールはさばけてたけど、いつもの安定感はなかった。

けど遠藤と長谷部が非常に安定した動きで攻守を切り替えてくれてたので悪影響はそれほど感じなかったかな。


両サイドはかなりバランスに気を使っていた印象。攻め上がりも大胆ではなくまわりをしっかり見てから上がっていた。これはサイドの上がりに比重を掛けずとも形を作れていたのが良い影響として出たのかもしれない。


DFの2人も良かったよ。闘莉王は中澤離脱の影響を考え攻め上がりは自重し、寺田との連携した守備の実施に全力を傾けていた。

あと闘莉王はフィードの上手さが目立ってたね。ボランチを経由しないでサイドに走りこんだ選手へのパスやサイドチェンジを出来るのは大きい。

寺田もいくつかパスミスはあったものの守備そのものは良かったと思う。

全体的に見ても最高の出来だと思うので、この調子を維持していきたい。ちびっ子3人衆はオーストラリアの鈍いDFには効果的だと思うので怪我せずに頑張ってほしい。


採点

GK 川口 6.0 無難です。良い意味で

DF 寺田 6.0 パスミス以外は問題なし
DF 闘莉 7.0 安定+ゴール。
DF 長友 6.0 無難です。良い意味で。守備○
DF 内田 6.0 無難です。良い意味で。守備○
MF 俊輔 6.0 絶対的中心選手なので辛めに見てしまうがアシストは流石
MF 遠藤 6.5 安定+守備でも貢献
MF 長谷 6.5 現代表のエンジン。中盤ではMOM級の出来
MF 大久 6.5 ゴールがないだけで他のちびっ子に負けない出来
FW 玉田 7.0 ゴールだけじゃなく前線でのキープ力を見せた
FW 達也 7.0 前線のキーマン。居るだけで前線が活性化。

MF 松井 6.0 途中出場の役割を理解し仕事をこなした

監督 岡田 7.0 守備陣形を崩さない交代が○。疲れた選手や怪我がちの選手への配慮をする余裕の采配
posted by オヤジ at 23:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本代表 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。