2008年10月23日

辞めれば済むわけじゃない

良い状態に持っていくためにはどうすればいいか。
誰にでも分かるから答えは書かないと昨日書いてしまったが、整理して書いてみよう。

まずサッカークラブでなくても当然するであろう、責任の所在を明らかにすることから始めなければならない。

それは「誰かが辞めれば済む」と言う問題ではなく、なぜ辞めなければいけないのか。辞めた後どうしなければいけないのか、ということの答えをしっかり出さなければいけない。

うまくいったところ、ダメだったところをしっかり考えてから次の人事へ行かなければならない。


代表監督人事でも悪い意味でそうだったよね。
協会と衝突したトルシエを完全否定するだけでジーコを選んだ結果、協会としても、サッカーの質としても成長しなかった。そしてジーコで失敗すると良いところも悪いところもスルーして「オシムって言っちゃったね」でオシム就任。しかもオシムに丸投げ。

そんでオシムが倒れてしまったら・・・って書かなくてもわかるかw


要は一般の企業と同じで、何かしら失敗や問題を起こしてしまった場合、徹底的に原因を考え、追求し、問題のあったところをどう変えるのかを明確に示すことが必要なのである。

いわば我々ファンやサポーターはお客でありクライアントであると言える。顧客相手に問題を誤魔化したりする企業はまともではないのは言うまでもない。

サッカー協会は官僚気質なところがあるのでスルーしまくってるけど(そのせいで最終予選も内容人気ともにグダグダ)、民間であるクラブはそれではダメです。


それは選手に対しても同じ。プロである以上、必要とされているならそれだけ要求すればいいが、不要と判断されればリストラされても仕方がない。

今までの浦和は温情処置とも思える雇用を続けてきたので、そういう情の部分も排除しなければいけないだろう。そして有能な新人社員をしっかり育てる。育てて厳しい競争の中で鍛え上げる。

まあ改めて書くようなことでもなく、当たり前のことなんだけど、人気に胡坐をかいてると言われても仕方がない今シーズンの状態を見てると不安である。


最後にもう一度書きますが「辞めれば済む」って問題じゃぁないよ。
posted by オヤジ at 19:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 浦和レッズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。