2008年10月22日

ACL 浦和-G大阪 1-3 絶望とはこのこと

弱すぎです。ここまで弱いと哀愁すら漂ってるね・・・。

良かったのは高原がゴールするまで。G大阪も決して良くはなかったはずなのにその相手にホームで3失点ってどれだけ集中力ないんだよこのチームは。まあJの内容見れば納得の結果ではあるんだけどね。


選手は出来る限りのことをやろうとして頑張ってたとは思う。アホーターの嫌がらせにも負けずにね。

ただ能力以上のことは出来ません。出来上がってしまった糞サッカーを今日のうちに変えることなんて出来ません。これが今の選手たちの能力的限界。監督の能力的限界。そして浦和というクラブの限界。


ただ決勝に行けなかったことの悲しさや絶望感よりも、フロント含めた現状の浦和に期待できることが何もない状況と言うのが何よりも悲しく、絶望的である。試合に負けたと言うことだけでここまで絶望感に襲われることなどない。


オフトから始まった浦和の変革。ギドに代わっても素晴らしい変革、そして進化を見せてくれた。

今は初心を忘れ、天狗のように伸びた鼻を無様にへし折られた選手たちと、オフトとギドの功績の残り粕を拾い集めるだけで形にも出来ない監督、サポーターの落とした金に胡坐をかいてMSオフィスで作ったグラフと睨めっこするだけのフロントしか居なくなってしまった。


高円宮杯で圧倒的強さで優勝したユース世代も、梅崎もエスクデロも高崎も堤も細貝も、今の浦和にいたら潰されるのが落ち。これほどの若手を抱えながら、まったく希望が持てない。こんな絶望感はない。

ならどうしよう。絶望に直走るクラブを代えるにはどうすればいい?


答えは誰でも分かる。だからあえて言わない。

まあ今日の試合の良いところを探すとしたら負けたことかな。昨シーズンはチャンピオンになったが故に、悪いところをスルーしてしまったから。これが唯一の巧妙か。
posted by オヤジ at 21:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 浦和レッズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/108461376

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。