2008年10月19日

浦和-神戸 0-1

全てにおいて???と言った試合。選手は疲労もあって動きが鈍いのはある程度承知してたが、監督はそんなことを無視するようにいつもの面子で試合開始。

啓太の調子はまったく戻る気配がない。もう今シーズン彼に期待するのは無理かもしれない。来期の補強ポイントはボランチとセンターバックにあることは確実なので(無能フロントの考えは知らん)、今後彼のポテンシャル如何では外す覚悟を今のうちにしておいたほうがいい。

もちろん坪井と堀之内に代わる屈強なセンターバックも考えなければいけない(無能フロントの考えは知らん)。屈強な守備を見せた浦和も今は昔です。引かなければ守れないようでは守備が強いとはいえない。


チーム内の事情もちょっとおかしなことになってきたようです。闘莉王はブーイングにキレちゃって、永井は不帯同。

態度だけは欧州ビッグクラブ並みといったところか。勘違いするほどキミらのサッカーはレベル高くないよ。


サポの考えもよくわからない。今の時期になってブーイングする意味はそれほどないんじゃない?

個人的にブーイングするのは10試合遅いと思っている。今のように疲労困憊の選手にブーイングしても届かないでしょう。

「言われなくても分かってるわ!」

って思うだけなのでは?
まあだからといってサポにキレる闘莉王の頭はおかしいが。


あとはもう語るまでもない無能な監督の状況。
自分のやってることは反省もせず改革もせず、選手のモチベーションの低さに責任転嫁。

開いた口がふさがらない。
モチベーションのことをいうなら、五輪落選で逆にモチベーションUPしたであろう梅崎とエスクデロを干し続けてきた監督が今更ながらの精神論などどふざけたことを言うな。

鹿島のコウロキ(なぜか変換できない)は落選後の起用で素晴らしいポテンシャルを発揮したではないか。浦和でも啓太がその代表格だろうが。少しはギドとオリベイラの爪の垢でも煎じて飲め。苦かったら砂糖入れてでも飲め。


選手の個人能力に頼ったサッカーしか出来ない、負ければ全て選手の責任というのなら監督などいらんのだよ。


ああ、オシムをつれて来るのは無理でもオシム並みのカリスマ性と指導力を持った監督でも来ない限り今の浦和を変えるのは無理でしょう。

だからといって老体のオシムを引きずり出すってのもなんか違うし。そもそも今のフロントにそんな影響力のある監督を連れてくる能力なんてないでしょうけど。


まあとにかくACLのG大阪戦は何としても勝ってくれ。
posted by オヤジ at 16:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 浦和レッズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。