2008年10月16日

日本代表-ウズベキスタン 1-1

久しぶりの更新です。

しかもお寒い試合についてです。

結論から言えば「研究されすぎて殆ど何も出来なかった」といったところかな。

俊輔と遠藤というパスの出し手を徹底的に潰して攻め手を奪う。俊輔は前を向いて殆どプレーできず(それでも何度か決定機をつくってたのは流石)、遠藤も似たように体で潰される場面が目立った。

そのぶん長谷部がサイドに展開して内田が攻め込む場面が見られたが、如何せんあそこまで俊輔つぶしをされると長谷部は中々前に行けなかったのが正直なところか。あそこで俊輔を追い越して内田と連携して中で・・・とは流石に怖くて無理だったかも。


まあここを潰されちゃうと今の代表は止まっちゃうね。阿部はもともと攻撃的なサイドにはなれない上に香川のお守りに必死で、実質攻め手が内田しかいなくなってた。


そんでその香川だけど、何で岡田(協会?)は呼ぶのかね。潜在能力が高いのは理解できるが、昨日のプレイを見る限りまだまだ有望な若手止まりの選手でしょう。

「俺は欧州南米の監督のように若手を使ってるんだよ」

とでも言いたそうだけど、そうだとしたら考え直したほうがいい。それは現状、岡崎にも言えることだが、このプレッシャーの厳しい試合に出すのは酷といえる。

まあ達也と前田が怪我ばかりで計算できないというのもあるのだろうが、巻や寿人はそんなに使えない選手なのかな?そんなことはないと思うぞ。


話は飛んで守備はどうだろ。
まあ怪我してる闘莉王を出すなとまず言っておこうかな。それ以外は殆ど攻められてないから何とも言えないか。

楢崎は後半になって急におかしくなってたね。ミスキックでカウンター食らったあと、ビビリすぎてロスタイムなのに蹴るの怖がってやんの。


あとは前から言われてるところだが、ちびっ子FWだけじゃなく大きい選手も一人入れとこうね。終盤のパワープレーでターゲットがDFの闘莉王だけってちょっと間抜けだよ。


やっぱりここまで岡田ジャパン見てると、「俺のやり方でやる」という言葉をいってから進化してないのは明白。

負けたのはオシムの選んだ選手を使ってたからと言いたかったのだろうが、はっきりいって今のほうが劣化してます。

ジーコ〜オシムまでも決定力がない、中盤の守備が連動しないなどというところは共通してるが、少なくともこの2人の時代に、格下や同等の相手にポゼッションを奪われることは殆どなかったはず。昨日の試合はともかくボールすらまともに回せないサッカーになるとは思いもよらなかった。


まあ犬飼は岡田をクビにしないと言い切っちゃったので批判するだけ無駄になっちゃったけどw

posted by オヤジ at 23:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本代表 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/108192374

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。