2008年10月05日

千葉-浦和 3-2

上がもたついてるから完全終了とは中々ならない。むしろ完全に終わってくれてACLに全モチベーションを向けてくれたほうがいいんだが。

今日の試合は無能監督と無能フロントの考えは別として、来期の補強ポイントと、戦力外の選手が自分の中で決まったような試合だった。

あえて今は書かないけど、試合見てりゃみんなわかるでしょ。

しっかり優勝できる強いチームを作り直すなら情なんて捨てちまえ。
posted by オヤジ at 16:06| Comment(2) | TrackBack(0) | 浦和レッズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
見ていて今年のREDSの試合は、ホントつまらない。
何がしたいのか、どうしたいのか全く分からないし、見えない。
Posted by 福あり at 2008年10月05日 20:10
仰るとおり。

つまらない、けど勝てる

という時代は06年で終わってたのかもしれません。

勝っていたから保たれていた精神的な強さも今では崩れ去ってしまったのかもしれません。
Posted by オヤジ at 2008年10月06日 20:03
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/107633560

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。