2008年09月25日

興梠「(昨年)浦和でも優勝できたのだから、という甘い気持ちがあった。」

06の川崎、浦和の激戦を見て、何故そんな無茶な発想になるのか理解に苦しむ・・・。

Jの上位チームはACLで優勝する力を持っている。これは間違いない。鹿島も当然だ。けどこんな意味不明な自信と見下した発想はどこから生まれたのか。

普通に向上心のある選手、冷静に分析できる選手とチームであるならば昨年の鹿島の優勝が、浦和のJリーグ、ACL、代表の試合からくる極度の肉体的、精神的疲労のお陰もあるということを理解し精進するはずだ。

これはクラブに流れる血なのか。それともサポがそうさせてるのか。旗で相手選手の頭を引っぱたくことなどこの際どうでもいい。


ACLを盛り上げ、Jに新たなるモチベーションを作ったのは他でもない浦和と川崎である。最早ACLを罰ゲームと呼ぶ人間はJ上位チームには殆どいないだろう。

だからこそこういう発想に腹が立つ。何から何まで浦和の後追いでも恥じることはない。浦和や川崎から学ぶことなんて何の恥にもならん。それを恥と思うなら、そんなものはプライドとは言わん。ただの馬鹿だ。


オーストラリアも加わり、オイルマネーで更に力をつける中東勢、そして中国韓国のナショナリズムむき出しのアウエー戦。そして全てのアジアクラブがクラブW杯出場権でモチベーションアップ。


もう磐田が優勝したころのアジアじゃないということをまず理解するべきだ。
posted by オヤジ at 19:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 浦和レッズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/107130836

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。