2008年09月24日

ACL 浦和-アルカディシア 2-0

いや〜みんな良く頑張った。体力的に厳しいスケジュールだったが、前半はよく動けてたし、後半の粘っこい守備は良い意味での浦和らしさが帰ってきた感じでしたね。

高原はイビチャ千葉の頃の巻のように前線を駈けずり回り、ポストに必死になって強引にでもシュートする姿勢を見せてくれた。さすがに後半に燃料切れたが、達也が居ない今、前線で守備をするのは高原しか居ない。前半一番頑張ったのは彼でしょう。

エジも悪くなかった。最後の最後で高原と被るところはお互い修正しきれてないが、それでも踏ん張るところはしっかり踏ん張れていたと思う。

あと山田のボランチが意外にも良かったね。浦和の試合を見ている人で彼のボランチにいいイメージを持ってる人は少ないでしょうが今日は良かった。細貝は少しやりにくそうなところもあったが、それもうまくフォローしてたと思う。長谷部の代わりをするにはさすがに両者とも無理ではあるが、今後にも使えるかもしれないね。


サイドもリーグではボロボロだけど今日は攻撃に関しては悪くなかった。相馬のシュートは相変わらず正確だった。

ただ攻守のせめぎ合いで負けるシーンが多く、相手サイドを押し込めなかったのと、ボランチがそこを埋め切れなかったのは課題ではある。かなりヤバイ場面を作られてしまった。


DFも悪くはなかった。というか坪井の調子がいいし、阿部も安定してたし、闘莉王も何度かオーバーラップして中盤に喝を入れるような動きも見せた。後半の守りに入ったときの浦和は、06年のような「絶対1対1で負けない」という守備を見せて守り抜いてくれた。


今日の勝利は良い浦和が戻ってくれた証拠と思っていいのだろうか。Jリーグに戻ったら、戦い方まで戻ってないことを祈る。


ちなみに次の相手はG大阪になった模様。前にも書いたが最大のライバルはJチームだと思うので、この試合は昨年以上に厳しい準決勝になるでしょう。

鹿島は負けてしまいました。小笠原の負傷が大きすぎるし、何よりホームで勝てなかったのは痛すぎる・・・。けどJリーグで勝ちまくってたときにACL舐めてた感じがサポも含めたチーム自体にあったのは否めないよね。自信ってのは有りすぎても困るもんなんだな。
posted by オヤジ at 22:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 浦和レッズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。