2008年08月28日

東京V-浦和 1-1

いったい監督は何がしたかったのか。
スタートからゲームを構成できずに苦しんでいるチームを全てFWの責任にして、大事なカードを前半45分だけで2枚使ったはいいがまったく効果が無く、挙句に失点してって馬鹿ですか?というか馬鹿だろ。


前節の高原の頑張りを無視するような非常な交代。後半に効いてくるであろう達也の前線でのプレスもあのハゲ監督にとっては無価値のようだ。

攻撃がチグハグでゲームが作れないのは中盤以下の責任のほうがどう見ても大きいでしょうが。

サイドは臆病だし、ボランチは守備してるだけだし、ポンテも前節の活躍が嘘のように不調。

確かにFWの動きに足りない面があったのは確かだが、エジ入れたらもっと止まるわけだよな(実際止まったし)。

しかも後半に山田入れたのに、サイドが永井ってアホか。永井はこういう試合でゴールを決められる選手でしょ。何年浦和を見てるんだこのハゲは。


もういい加減ウンザリ。とっととクビにしろよこの無能監督。今まで我慢してきたが限界だ。

監督にとって組織とは何だ?戦術とは何だ?FWの組み合わせを代えることが組織か?戦術か?枚数を代えることが組織か?戦術か?

根本的なところに手を付けられない臆病者が小手先で見せ掛けだけの変化を加えたところで何も変えられはしない。

組織として破綻してる今の浦和はあんたでは変えられない。今のままでいたいなら選手の邪魔だけはするな。どうせ選手の能力に頼ったサッカーしかできねーんだから。


以上!
posted by オヤジ at 00:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 浦和レッズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/105539823

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。