2008年08月20日

キリンチャレンジカップ 日本-ウルグアイ 

まずは非常にモチベーションの高い素晴らしいチームを連れて来てくれたウルグアイに感謝です。それゆえテストとしては有意義だったのではないでしょうか。ちょっとウルグアイのファンになってしまったw


A代表がはじめての選手、久しぶりの選手、経験の少ない選手など、まさにテストマッチの陣容。個人的には結果を求めないように見ていた。

注目は久しぶりの代表選出の伸二、ちびっ子2トップ、あとは高木がどこまで出来るか。こういうところに注目して見てたけどなかなか面白いところもあり、不満なところもあり・・・まあいろいろです。

伸二はかなり落ち着いてたかなと。さすがに俊輔の安定感には敵わんがうまくさばいてたと思う。毎年いってることだけど、とりあえず怪我無くボーフムでフルシーズン頑張って欲しい。

ちびっ子2トップは。どっちかというと役割が逆じゃね?と思ってしまう動きだったかな。やっぱ達也はペナの中、少なくともバイタルでボールを持ったほうがいい。逆に玉田は下がって受けてもイケる口だしね。

あと達也は玉田を意識しすぎて持ち味がイマイチ出せず、玉田は達也を意識しなさすぎて個人で潰されちゃったところもあるかなと。


最終ラインは失点こそ多いが、問題はむしろサイドの守備(駒野、長友)なのでまあまあと思っても良いかなと。

そんでそのサイドだけど、ちょっと守備のことを見つめなおさないとダメだ。いくらなんでもザル過ぎるし、バランスと判断をもっと考えないとイカン!もともとこの2人に守備は期待してないか、勝負しても良い場所、サボって良い場所を考えないとダメだ。

これは監督の責任でもある。ジーコにしてもオシムにしても、それこそ世界中の多くの監督がサイドにはちゃんと守備の出来る選手を片方に置いているわけなんだけど(両サイドってのも普通にあるが)、どうしても日本人監督はJの延長で両サイドに攻撃的な選手を置いてしまうのね。両サイドがボール奪われて中にも絞れずダラダラ、グダグダ守備やってたんじゃそりゃドフリーで3失点するわな。


まあいろいろあるけど監督代えるなら今のこの時期がラストチャンスだよw加地を呼び戻すのは無理だろうけどね。


あと青島アナ。山瀬と伸二は浦和で一緒にやったことありませんw
posted by オヤジ at 21:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本代表 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。