2008年05月30日

キリンカップ雑記

基本的に岡田は勝ちにこだわる現実主義の監督だと思っているが、どうも今の代表で言うと理想と現実のギャップの中でフワフワしてる感じがしてしまう。

守備は現実的な人選だけど、攻撃はオシムほどではないにしても理想を追いかけている。まあ攻撃の理想を追いかけない監督なんていないだろうけど、今現在できる事とできないことの判断をやっているのか、それともできないことを無理にやらせているのかちょっとわからない。どちらにしてももう少し見てみないとね・・・ってもうすぐ予選再開だったw


久しぶりの海外組も良かった人、悪かった人。

俊輔は相変わらず精度の高いパスを出してくれる貴重な選手ということを改めて知らしめた。フィールドがいつもより広く感じたことは言うまでもない。

プレイスキックの精度は今回イマイチだったが、彼のプレイスキックは日本最大の武器でもあるので、やはり欠かせない選手である。


松井はテンパりすぎて空回ってたね。初戦なんて前半で燃料切れちまうし。これから必要になる選手でもあると思うのでもうちっと考えて欲しい。

逆に長谷部は落ち着いてた。初戦は何度かボール奪われてやばいところもあったが、今野がボロボロだったので仕方ないところもあるかな。筋肉付けたみたいだけどスピードは変わってなかったので安心。岡田の中で評価上がったんじゃない?


FWは相変わらず「誰が出ても同じだわ」という感じ。高原が代表外れたみたいだけど別にそれが大久保でも玉田でも巻でもどうでもいいかな。今の代表でFWに期待なんてしませんよ私は。
posted by オヤジ at 21:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本代表 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月19日

G大阪戦のこと

とりあえずいろいろ理由はあるのだろうが、この事件に参加したアホはサポーターを名乗ることに恥ずかしさを覚えないのだろうか。

前々から思っていたことだが、こいつらにとってサッカーとは浦和レッズより後にくるものなのか?サッカーを見にいってるのかアイドルを見に行ってるのかハッキリしろよ、オイ。

俺はサッカーを見たいんだよ。浦和のサッカー「も」見たいんだよ。お前らと一緒にされたくないんだよ。集団心理で暴れまわってるだけで一人じゃ何もできないチンカスがイキがってんなよ(まあ俺もここでイキがってるけどw)。

ガンバサポが先にやってきたからやりかえすとか同じレベルに落ちでどうすんだって。華麗にスルーできないのかこのアイドルオタクどもはよぉ。


選手も審判の判定でブチ切れ過ぎなんだよ。サポまで巻き込んでキレまくってんじゃねーよ。お前ら川崎戦で恩恵受けてんだろ?それを棚に上げて被害者面だけすんなっての。


まあこういったことを起こさないためにも浦和とG大阪、あと鹿島も勝点3くらい没収でいいよ。そういう前例をちゃんと作らないとまたやるぞこのキチガイどもは。

あと警備関係の連中は減俸で。










ハァハァ・・・激しく書き綴ったが8割は本音だよ。
posted by オヤジ at 22:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 浦和レッズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月17日

浦和-G大阪 2-3

自爆でしたな。
前半の数回のビックチャンスを外しまくってたからヤバイと思ってはいたが・・・。

PKとってもらえずセルフジャッジで足止めて、直後にカウンターくらってそこでもセルフジャッジで足が止まってそのまま失点。間抜けすぎてあくびが出る。試合がほぼ常に動いてるサッカーでのセルフジャッジは厳禁でしょうが。キミたち何年サッカーやってんの。

阿部は触らずバレーが外に出した?確かにそうだ。けどあの中盤すっとばして一気にカウンターに入った状態で審判が正確な判断できると思う?どんな審判だってしっかり見るなんて不可能だよ。だからこそあそで足を止めるなんてチャンピオンを狙うチームに置いてあってはならないんだよぉ・・・。


試合内容は浦和のやりたい展開をG大阪にやられたって感じ。しっかり決めるところで決めないで途中で息切れしてしまう。こういう展開はいつも相手チームなのだが、今回は逆をやられてしまった。2点取ったのはまあよしとするべきか。


さあこれから中断期間に入ります。

エジミウソンの代わりを本気で考えないと後半つらくなるのは明白です。ポンテが復帰後すぐに全快で来てくれれば話は別だが、それを求めるのは酷でしょう。毎試合決めるところで決められない、決めなきゃいけないところで決めてくれないエジミウソンと心中する気にはなれません。

まあ行き当たりばったりで現状を良しとしているフロントに期待することは正直無いが、ポンテが浦和に来てくれた奇跡があるなら、欧州の移籍市場が開かれる今その奇跡をもう一度狙って欲しい。別にオーウェンに来て欲しいなんて贅沢言わないからさ。
posted by オヤジ at 21:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 浦和レッズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月11日

川崎-浦和 0-1

ちょっとサボり気味でした。

昨日の試合は審判がグダグダだったのは確かだが試合自体はたかなか迫力があって面白かった。

実質的な首位決戦といえる対戦だったけど、雨でスリッピーなもんだから展開がやたら早くて激しい。両チームとも激しく当たり、素早く回す意識が高かった。

川崎の攻撃で怖かったのはオフサイドの判定で得点取り消しになったあの場面くらいで、それ以外浦和の守備ブロックは崩されることはほぼ無かった。シュートも数は打ってるが浦和に打たされてるだけのもので不安は特に無かったしね。

逆に川崎はDFのヘボプレイが多く、PKの場面も判定は微妙だがあっさりやられすぎ。


浦和の攻撃はボールもよく回ってたし、人もよく動いてたんだけど、シュートやラストパスの制度がイマイチでなかなか得点や決定機を作れない。雨の影響もあるので仕方ない面もあったが、川崎の守備を考えればもったいないのが多すぎ。もう少し正確にやろうよ。

毎度のことだが特にエジミウソン!もっと正確に!もっと激しく!そしてもっと走れ!


あとはまたまた好調な闘莉王。素晴らしいね。
今日はだれが代表でボランチやってるかある意味わからん試合だったよ。ケンゴもいい場面作ってたが、闘莉王の攻守にわたる素晴らしいプレート比べたら、本当にどっちが本職かわからないくらい。まあ基本性能が違うから仕方ないけど。

時には啓太になり、長谷部になり、ポンテになり、代表でいうところの遠藤やケンゴにもなる。そんで闘莉王にしか出来ない高く激しいプレーでボール跳ね返したり、敵ゴール前でFW顔負けの仕事をする。日本人という意味では規格外の中盤の選手になった感じ。岡田が代表で闘莉王をどう使うか見てみたい。
posted by オヤジ at 10:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 浦和レッズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月01日

浦和-札幌 4-2

気の抜けた失点は許されるものではないが、攻撃が非常に良かったので勝利も含め素直に喜んでおきましょう。

高原とエジが機能してる!ビックリするのも失礼な話だが、正直このままダメなまま・・・と思ったこともあった。

高原はエジへの気の使い方が尋常ではないが、永井の動きを研究でもしたのか、前に張り付くだけじゃなく、サイドに開いてスペースを作ったりエジのシュートコースを空けさせたりとチームプレイを重視し、尚且つゴールも狙える体勢を作ってる。

高原がエジのシュートコースを空ける動きは札幌のDFにとっては鬱陶しいことこの上なかっただろう。エジが何本もシュートミスしてしまい得点にはなかなか結びつかなかったが非常にいいプレーだったと思う。


闘莉王の攻撃に関してはもう言うこともなくなってきたかな。MFの中でここまでヘディングの強い選手はJにまずいないと思うが、その長所を生かした攻撃スタイルは頼もしい限り。

ただ守備のポジショニングと細貝との連携などはまだまだ不足。守備力がある故に守備技術に頼ってしまい、ポジショニングをミスるところがあるかなと。

あとは細貝の負担が尋常じゃないw
1失点目がまさにそれで、闘莉王のアタック守備をかわされたあとのスペースを突かれ(細貝が埋めきれず)失点してしまったんだけど、これは細貝の責任だけでは当然ない。啓太なら出来たかもしれんが、同質のプレーを細貝に求めるのは時期早々だろうし。


火曜に名古屋が負け、水曜の試合で鹿島が引き分けたため得失点差で単独首位になっちゃいました。2連敗の後はどうなることかと思ったが、「監督交代」という劇薬が切れても十分戦っていけることがわかった。

ポンテが帰ってくるまで何としても首位堅守でいきましょう。
posted by オヤジ at 00:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 浦和レッズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。