2008年03月31日

浦和-新潟 3-0

やっと勝った!しかも快勝!

ただあえてケチをつけさせてもらえば、対戦相手の新潟が浦和以上に深刻な問題を抱えたチームであったということ。これは昨日の勝利に大きな影響をもたらしたのはいうまでもない。

中盤のせめぎ合いでは互角か、浦和のほうが啓太離脱もあって劣っていたところもあったくらいである。特に闘莉王がボランチに入ってから啓太に変わって入った細貝に負担が集中し、守備にまったくダイナミズムがなくなり、チェックも甘くなり、押される場面が目立ってくる。

闘莉王のボランチ起用は攻撃面ではプラスの面もあったが、やはり本職ではないのでバランスを欠いてしまった感があるね。それでもゴールを決めてくれたので結果オーライみたいな気持ちもちょっとあるがw


ただ新潟の攻撃陣のヘタレっぷりに助けられたことも忘れちゃだめだよね。失礼な言い方をしてしまったが、中盤は悪くないのに前線での迫力がまったくない(エジが浦和に来たからというのが大きいと思うが・・・)。矢野は相変わらず体が強く、素晴らしい選手なんだけど孤立しっぱなしでそこからまったく繋がらないので浦和守備陣はやりやすかったと思う。

浦和の攻撃は相馬の素晴らしいコントロールシュートと、エジ→闘莉王の崩しからのゴール、そして永井のゴールと、形は個人技+崩しで申し分なかった。


中盤はもう少し修正が必要だが、ゴール前でのダイナミズムは格段に良くなってきた。ここに高原、達也が帰ってきたらどうなるか見ものだし、ナビスコで良かった梅崎をこれからどう使うかなど不安は当然あるが期待も大きくなってきた。

個に頼らない攻撃の形を実現するには、中盤の守備も含めた構成力が重要なのは言うまでもないので、今以上にどんどん連携を高めていって欲しい。
posted by オヤジ at 19:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 浦和レッズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月27日

バーレーン-日本 1-0 W杯予選

今までのW杯予選の中で最低ランクといってもいい酷い内容でしたね。何もかも上手くいっていないで、失点する雰囲気はあったが点の入る雰囲気がまったくなかった。

あまり戦略的とはいえない3バックに、なぜか突然の縦ポンサッカー。スペース潰されるのが分かりきってるのにタメを作れる遠藤を外して、スペースがあって真価を発揮する山瀬を残す謎の中盤構成。巻は相手の高さに勝ちきれず、大久保はボールすらなかなか触れない。

守備負担を負った安田は機能せず、駒野もバランス取りにジタバタし、啓太と憲剛のコンビも中途半端な位置取りになっちゃった。3バックはまともなフィードが出来ず、最後には川口のミスで失点。


うーん。褒めるところ探してもまったく見つからない・・・。こんな試合久しぶりに見たなぁ。気迫もあまり感じられなかったし、たまに漂う「いつか入るでしょ・・・」みたいな雰囲気がこの試合では漂いまくってた。


オシムの頃と面子はそれほど変わってないのに、なんでここまでボールが回らなくなるのかね。点は入らないがポゼッションで圧倒・・・なんて別に褒められたものではなかったが、今の「縦ポンでボール回せず点も入らない」では進化のしようがない。こうも行き詰ってしまうと海外組が合流しても変わるとは思えないしなぁ。

とりあえず中盤の構成力を元に戻すところから始めたほうがいいと思われる。新しい選手を発掘する前にここから始めてみてはどうかな。
posted by オヤジ at 18:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本代表 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月22日

変革のきっかけに

神戸に負け今年の公式戦3連敗ですが、もうここまできたら変にネガティブになっても仕方がないので、今年はもうサッカーの質を換えるシーズンとして考えてもいいと思っている。

もちろん優勝も狙って欲しいし、ACL、ナビスコ、天皇杯、すべて狙って欲しいが現実を考えると難しくなっている。昨年の鹿島のようにスタートでつまずいても、終盤でトップチームが勝手につぶれて気がついたら優勝してたみたいなこともあるかもしれないが、他力を望んだところで虚しいだけだからね。


そんで神戸戦での若手なんかを見ると、このどん底から救ってくれる存在になるものと期待できる選手が多く居たわけです。梅崎は本当にいい買い物だったと思うし、細貝はスタメンで出てもおかしくない選手に育ってきた。エスクデロも復活したようだし、高崎も期待できる。

グダグダが染み付いてしまってる主力やコンディションが悪いままの新加入選手に渇を入れる、プレッシャーをかける意味でも彼らには今のうちに暴れまわって世代交代を迫って欲しい。

世代交代や大きな変化をしなければいけないとき、チームの力は当然落ちる。勝ち星からも遠ざかる。そのくらいの状況にならなければチームというものは変わらないもの。

問題はその低迷にサポーターが絶えられるかどうかである。
posted by オヤジ at 07:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 浦和レッズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月15日

浦和-名古屋 0-2

2試合終わりましたが勝ち星なし。オフの間に昔のようなネタクラブに戻ってしまったようです。

2失点ともお粗末極まりないね。2失点目なんて罰金もんだよ。リードされてて一番落ち着かなきゃいけないGKがテンパって馬鹿みたいなミスとか、曲がりなりにも優勝目指すチームの選手としてありえん失態。楢崎の落ち着きぶりとファインセーブ連発を見て都築とのキャリアの違いを思い知った感じ。

そんで攻撃だけど中盤の構成力皆無の上にFWは動きが被りまくり。個人でのキープなんて出来るわけもなく、その後の展開はもちろんシュートすらまともに打てない。2人とも活かされるタイプなので相手を活かせないのか、もしくはその発想すらないのか・・・。


サイドはクロスが駄目でDFとの連携も悪い。後半に相馬が中に切れ込み始めて良くなったがそれも後の祭りだったね。

正直、ポンテが帰ってくるまで首位と6ポイント以内の差で満足するつもりだったが、そんな考えすら夢のまた夢と思えるくらい醜悪なサッカーをしてしまっている。

ポンテ不在は当然だが、長谷部、ワシントンの不在も予想以上に大きいね。前線にボールがまったく収まらない状況では昨年の攻撃が通用する分けないんだよ。昨年はポンテ、ワシントン不在時もそれなりに攻撃できてたが、今年は相手に完全にバレてるから無理でしょう。だって今の浦和はハードにプレスすれば勝手にボール失ってくれるんだもんw

まあその数選手の不在よりオジェックの存在のほうが今の浦和には毒になってるだろうけど。


唯一の心の支えは浦和と同じように川崎とG大阪が苦しんでるところか・・・。
posted by オヤジ at 23:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 浦和レッズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。