2007年12月10日

クラブW杯 浦和-セパハン 3-1

逆境に強い浦和、絶対的選手が居ないときに何故か最高のサッカーをする浦和。ここ数年の浦和は本当にこういうチームになった(その反面ちょっとでも余裕を見せるとダメだけど)。

そういう意味では疲れのあるセパハンでは勝ち目が無かったのかもしれない。そのくらいいい試合だった。

ポンテが不在でタメが作れないなら、中盤でプレッシャーをかけボールを奪ってサイドに散らしてドン!という意思統一がチーム全体にあり、相馬も絶好調で左サイドを幾度と無く蹂躙できた。

中盤の守備は最高でったね。闘莉王がめったやたらに上がってたけど、それがむしろ中盤の守備を活性化させてた印象がある。啓太のボール奪取は何度もあり、前を向かせない、パスを出させないといういつものプレーも見せ続けた。これは啓太だけの成功ではなく、阿部がしっかり後ろで構えてたから出来たというのも当然書かなければいけないよね。いや〜良かった。

得点は2トップが2得点。2点とも崩した結果のものだから、個人技頼りの得点とは違う高揚感があった。まあ長谷部が決めてりゃもっと高揚できたがw


セパハンについては流石に疲れてた模様。ホームの彼らはこんなもんじゃ無かったし、しぶとさ粘り強さはvs川崎のときと比べても比較にならないほど低質だった。今日の試合を見てセパハン弱いと思われるのも逆にちょっとムカツク。彼らはJのトップチームと比べても遜色ないほど強いよ。


そんで次はミラン戦。まともにやっても勝てる見込みは無いが、勢いにのったチームは実力以上の力を出すことは多々ある。そして相手に悪い影響を与えることも多々ある。

死に物狂いでやれば良いことは必ずあると信じる。




あと最後に実況アナ。闘莉王は水戸を戦力外になったわけじゃねーし、浦和がトップチームになったのは奇跡でも何でもねーし。あまり適当なことは言わないように。

「20兆円選手になる(by長谷部)」は笑ってしまったので今回は許す。














あと「喜びの歓喜」ってなんだ?



笑えたので許す。
posted by オヤジ at 21:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 浦和レッズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。